1:2014/03/17(月) 21:48:31.38 ID:
中国には航空機開発の壮大な計画がある。目標は2014年のうちに、ボーイング737やエアバスA320のような人気ジェット旅客機の中国版を生産することだ。

欧米への依存を断つため国有の製造工場に大金をつぎ込み、ビジネスの常識を覆す早さで計画は突き進んでいる。

そもそも大勢の人を乗せた巨大な金属の塊を空に浮かせるには卓越した技術力が必要。だが中国がこの目標を達成するとしたら、おそらく技術力よりもコピー力のなせる技ゆえ、だろう。

あらゆる分野で海賊版だらけの現状を見れば、中国で普通の商業倫理が通用しないことは明らかだ。知的財産に対する意識の低い中国の人々にとって、海賊版の製造は「つづりの上の犯罪」にすぎない。映画『ハリー・ポーター』やHike社製のスニーカー、iPedなら笑い話で済むが、高度9000メートルを飛ぶ旅客機が「ボーニング747」だったらどうか。

中国が航空機の海賊版を造り始めたのは90年代のこと。91年の湾岸戦争でイラク軍を壊滅させた米軍の威力を目の当たりにした中国軍は軍備強化を目指したが、その計画の一部が米軍兵器の模倣だった。

当時、米軍のF117ナイトホークは世界で唯一のステルス戦闘機だった。99年、NATO軍のユーゴスラビア空爆に投入されたナイトホークが、セルビア軍の地対空ミサイルによって撃墜された。炎と共に地面に落ちた「見えない飛行機」の破片を、現地の農民は自分たちの農場へ運んでいった。

はるかかなたからこのチャンスを捉えた「ハリー・ポーター」の国、中国のスパイが、やがてバルカン諸国に姿を現した。彼らはかなりの金をばらまきながら農場を渡り歩き、墜落したF117ナイトホークの残骸を収集、祖国に送った。

■窮地のロシアから「盗み」

中国人は10年以上かけて、F117のコピー版の製造にいそしんだ。いま確かなのは、中国の「殲20」が世界で数少ないステルス戦闘機モデルの1つであり、見た目がF117にそっくりということだ。

ロシアもステルス戦闘機を独自に開発しているが、中国はその技術も盗み取った。中国は96年、共産主義の崩壊と財政難でがんじがらめになっていたロシアとある取引をした。25億ドルをロシアに支払って、戦闘機Su27をライセンス生産する契約を結んだのだ。

中国版Su27は殲11と名付けられたが、そこで行われたのが露骨な盗みだ。「契約が結ばれた時点で、中国がやることはみんな分かっていた」と、ロシア人の中国軍事専門家、ワシリー・カシンはウォール・ストリート・ジャーナルに語った。「だが危険を冒すしかなかった。当時は、生き残れるかどうかの瀬戸際だった」

中国は殲11を100機ほど生産してから、04年に契約を解除。ロシア側には、この機種は基準に合わなくなったと通告した。機体の隅々まで研究し尽くしたからだろう。3年後、中国はSu27とそっくりの戦闘機を発表。そのコピー戦闘機を国際市場で、ロシア製より1000万ドルも安い価格で販売する。これが中国のやり口だ。(※続く)

●ロシアの航空機を模倣した中国の国産旅客機MA60は故障続き
 355f2011.jpg