963336.jpg 
(動画サムネイルです。)

1: :2015/05/22(金) 13:29:03.13 ID:
韓国メディア・オーマイニュースによると、韓国の仁川松島で17日に国際教員団体総連盟(EI)が開いた世界教師フォーラムで、韓国の教育を賞賛したオバマ米大統領の発言や、朴槿恵政権に対する批判が相次いだ。

フォーラムでは、地元・韓国教員団体総連合会(韓国教総)のキム・ムソン本部長が「オバマ大統領は韓国の教育を『ロールモデル』としており、韓国の教育と教員を『ナンバーワン』としている」と紹介したうえで、「韓国教総は、教育韓流運動を展開する」と声高らかに宣言した。

だが、これに対してアフリカの団体の代表が首を左右に振るなど、会場は冷ややかな反応。スピーチが終了しても韓国教総関係者3~4人を除いて誰も拍手をしなかった。

米国教育団体の代表は「米国の教員労組は、オバマ大統領の発言を批判している。韓国の教育制度は、一斉試験があり、学生に抑圧的だ。そして、学生や教師がどれほど不幸かを知っている」と批判した。

さらに、韓国教育研究ネットワークのシム・ソンボ理事長は「オバマは強い国の大統領だが、韓国の教育が模範としきりに言うため、韓国の教育はより競争的に追い込まれ、生徒の自殺を煽るようだ。オバマが近代的教育観を脱するよう望む」と忠告した。

シム理事長はまた、韓国の人格教育振興法について「韓国の学生の人格が問題なのではなく、大人の人格が問題だ」と指摘した。「入試競争の中でもがく子供たちに人格教育は必要とされていない。朴槿恵大統領から人格教育が必要だ」と苦言を呈すと、会場は笑い声に包まれた。

また、朴政権が全国教職員労働組合(全教組)を「法外労組」化しようとしていることについても批判が続いた。全教組のビョン・ソンホ委員長は「EIの支持と連帯にもかかわらず、まだ韓国では全教組への弾圧が止まらない。EIの連帯で力を得て、全教組は必ず労働基本権を勝ち取る」などと訴えると、ほとんどの参加者が拍手を送った。シム理事長は、全教組の法外労組化を「ファシズム時代への回帰」と強く批判した。

EIのスーザン・ホップグッド会長は閉会のあいさつの中で「韓国の教育は表面的には非常に成功した教育システムと評価されているが、韓国の学生がどのような犠牲を強いられているかを見る必要がある」と指摘した。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「褒められたから喜べばいいが、悲観的な韓国の教育界」
 
「オバマは何か勘違いしている」
 
「韓国教育にいいところがあるから、褒めていると思う」
 
「自分の娘を韓国の学校に一日でも行かせてみたら、こんなこと二度と言えなくなる」
 
「米国は中高生の時から麻薬や暴力の問題があるから、韓国がよく見えるのかもしれない」
 
「韓国教育の良さを韓国人が一番分かっていない。安い学費で質の高い教育が受けられる。米国
では無理」
 
「韓国の教育制度を米国に導入したら暴動が起きる」
 
「オバマ大統領の話が本当だといいのに」
 
「そんな韓国人が米国に留学に行くのはなぜでしょう?」
 
「教育といえば日本」
 
「いつも日本の肩を持って、こういうことには韓国にリップサービス。深く考えることはない」
 
「オバマ大統領が誤解しないよう、手紙でも送ったほうがいいと思う」
 
「暗い韓国教育の現実を国際社会に知ってもらったほうがいい」
 
「ほかの国が韓国になるのは反対」
 
「学校と塾を行ったり来たりの教育が本当にうらやましいか?」
 
「アップルやグーグルで働く人材は韓国の教育では生まれない」
 
(編集MJ)

ソース:フォーカス・アジア<オバマ米大統領の「韓国教育が模範」発言に世界の教員から異論が
続出・・韓国ネットは「何か勘違いしている」「教育といえば日本」>
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/418256/ 

=管理人補足=
以下、google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
「すべてのため質の高い教育」... 2015世界教育フォーラム閉幕/ YTN

2015/05/21に公開
[アンカー]
教育関連最大のイベントである「2015世界教育フォーラムが閉幕しました。

閉幕から先各国の教育大臣と市民社会は「世界のための質の高い教育」を、新しいビジョンに込めた「仁川宣言」に合意しました。

イ·スンフン記者の報道です。

[記者]
2015世界教育フォーラムが幕を閉じました。

閉会に先立ち、それぞれの国の教育長官は市民団体と一緒に最後の全体会議を開き、新しい教育のビジョンである「仁川宣言」に合意しました。

[チェンタン、ユネスコ事務チャジャンボ]
「今回の宣言は、発展途上国の教育発展のための国際協力システムが非常に重要なので、ユネスコが中心となって、そのシステムを設けることを提案したのです。」

「仁川宣言」は、まず2030年までに「すべてのための質の高い教育保障」と「生涯学習の機会を提供」を約束しました。

また、国連加盟国政府には、新しい教育政策の方向性を提示して、関連する国際機関は、それぞれの任務を与えました。

今回合意した「仁川宣言」の具体的な実行​​計画は、11月に開かれるユネスコ総会で最終採択されます。

特に、今回の会議では、途上国が望む教育支援策と、汎地球的課題に対応するための教育の役割が初めて規定されました。

何よりも、私たちが培ってきた教育の発展の内容と宿題を世界の人々が一緒に議論しながら、自然に韓国が国際教育の議題設定の中で立つようになったのが大きな意義と政府は、自評しました。

[ファン·ウヨ、社会副首相兼教育部長官]
「誰質の高い学校教育と生涯教育を受けられるようにしようということで合意し、これを仁川宣言として採択したという点で意味があります。 "

会場周辺常設展示場には一日万人の小中高校生が見つけ近づく未来教育などを体験しながら雰囲気を浮かべ続けた。

次の世界教育フォーラムは、2030年に開かれる開催地はまだ確定されていませんでした。

YTNイ·スンフン[shoonyi@ytn.co.kr]です。

2015/05/20に公開
 
世界教育フォーラム二日目の5月20日、「韓国の教育特別発表会」が終わった後の午後6時25分頃、ドアアヨン平和教育」モモ」の代表が挨拶を分かち合うために訪れた外国の代表を相手に発言している。

前ドア代表は90分間、韓国教育を「自画自賛」した韓国政府の発表内容について質問をしようとして行事進行側によって止められた。イベント進行の方は韓国語の同時通訳を中断して、マイクもなった。しかし、700人余りの参加者のうち相当数がドア代表に向かって拍手を送った。そして、これらのうち、100人は30分にわたってドア代表の話を聞いて、お互い包含した。

ドア代表は今回の行事に韓国政府と国際NGO団体の招待を受け、正式代表として参加した人だ。
 
 
2015世界教育フォーラム韓国市民社会団体の記者会見の中でパフォーマンス

2015.05.19
2015世界教育フォーラム、韓国政府の自画自賛に怒る若者、教師、市民社会団体の記者会見政府は嘘を止めろ」 - 政府が言っていない韓国の13つの教育の問題パフォーマンス映像