1:2015/05/21(木) 14:00:52.88 ID:
韓国国会広場が茶会に変身…全国から集まった名品が一堂に
2015年05月21日13時43分
[中央日報/中央日報日本語版]
c955eed5.jpg

舞台ではミスコリア選抜大会参加者による茶礼服ファッションショーが開かれ、舞台の下では心を込めて入れた茶を美味しそうな茶菓子でもてなす茶人たちであふれている。今年窯出しされた最高の湯飲み茶碗を選ぶ今年の名茶器品評大会が開かれている一方で、新茶と茶器を割引販売する市場が彩りを添えている。

第35回茶の日(25日)を記念する催し物が開かれた20日、ソウル汝矣島(ヨイド)国会前にある芝広場での風景だ。

韓国茶人連合会(会長パク・クォンフム)は今年の行事を特に盛大に開いた。昨年末、茶関連法案が国会を通過したことを祝うためだ。ちょうど国民疎通を強調する「国会開かれた広場」期間に開かれたことから、同日午後の記念式には鄭義和(チョン・ウィファ)国会議長と鄭甲潤(チョン・ガプユン)副議長、シン・ギョンシク憲政会長、キム・ヨングン成均館(ソンギュングァン)柔道会長、朴東宣(パク・ドンソン)氏、別所浩郎駐韓日本大使らが参加した。

釜山(プサン)・大邱(テグ)・光州(クァンジュ)・蔚山(ウルサン)・江陵(カンヌン)・済州(チェジュ)などの地から集められたおよそ350団体におよぶ茶会の会員が1000の茶会を用意し、緑茶はもちろん地域特産伝統茶を紹介した。

2日目の21日には今年の名物茶品評大会、名人名唱公演が開かれる。

茶会を用意した茶人は一様に「茶を飲めば心が穏やかになり健康にも役立つ」と話した。

http://japanese.joins.com/article/724/200724.html?servcode=400§code=400&cloc=jp|main|breakingnews