1:2015/05/17(日) 01:38:04.96 ID:
f730a023.jpg
中国国民党の朱立倫主席(右)
c732e51e.jpg
14日、台北の台湾総統府で記者会見する馬英九総統(共同)

 【台北=田中靖人】

 台湾の与党、中国国民党は16日、来年1月の総統選の候補者を選ぶ予備選の受け付けを締め切った。有力者はいずれも出馬せず、事実上の「不戦敗」となる可能性も出てきた。

 16日は立候補に必要な書類の受取期限で、事実上の締め切り。朱立倫主席(53)は締め切り直後、党本部で記者団の前に現れ、「総統選に出馬しないのは昨年6月に新北市長選、12月に党主席選に出馬表明した際の約束だ」と声明を読み上げた。総統選で同党候補者が敗れた場合は「当然、(主席を)辞任して責任を取る」とも述べた。

 馬英九総統は16日付蘋果日報の取材に、「党主席は負うべき責任から逃げるべきではない」と述べ、朱氏の出馬を促していた。

 立候補手続きを進めているのは、洪秀柱立法院副院長(67)=国会副議長に相当=ら3人。洪氏は弁舌の鋭さから「小唐辛子」と評される女性立法委員(国会議員に相当)だが、国民党色が強すぎ、中間票の獲得が期待できないとされる。

 予備選では世論調査で支持率が30%未満の人物は候補者資格が得られないなどの条件があるため、候補者選定が振り出しに戻る可能性も指摘されるが、李四川秘書長(幹事長)は「現段階でそのような(事態を想定した)制度はない」と述べた。

http://www.sankei.com/world/news/150516/wor1505160040-n1.html


台湾・与党、異常事態 来年1月の総統選へ国民党有力者出馬表明ゼロ 16日に予備選候補締め切り
da3a104f.jpg
王金平氏(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】

 台湾の与党、国民党の王金平立法院長(74)=国会議長に相当=は15日、来年1月の総統選に出馬しない意向を表明した。党内予備選の事実上の締め切りは16日で、国民党は前日になっても出馬を表明した有力者が誰もいないという異常事態に陥った。朱立倫主席(53)は不出馬を表明してきたが、16日に「党と個人の計画」を発表するとしており、改めて注目が集まっている。

 王氏は立法院内で記者会見し、「努力不足で、(総統候補の)大任を担えると皆さんに信じさせることができなかった」と声明を読み上げ、頭を下げた。報道によると、家族の反対に加え、不仲が伝えられる馬英九総統や朱主席の出馬を求める立法委員(国会議員)らが王氏の出馬を快く思っておらず、党全体の支持が得られないと判断したとみられる。

 王氏は野党、民主進歩党の票田である南部・高雄の出身で、野党にも配慮する議事運営で知られる。総統候補になれば国民党の基礎票に加えて南部の票や中間票が期待でき、民進党候補の蔡英文主席(58)と互角の戦いに持ち込めるとみられていた。今週中に出馬を表明するとの観測があったが、民進党の支援を受けて当選した台北市の柯文哲市長との会談予定が事前にリークされて憶測を呼び、国民党内から反発の声が上がるなどしていた。

 同じく出馬に意欲があるとみられていた呉敦義副総統(67)も2日に不出馬を表明。立候補手続きに入っているのは、洪秀柱立法院副院長(67)ら3人に限られる。実際の届け出は17、18の両日だが、届け出に必要な書類の受け取り期間が16日までで、事実上の締め切りに当たる。

 届け出には、投票権を持つ党員約30万人の5%に当たる約1万5千人分の推薦署名が必要。世論調査の支持率が30%未満なら候補者資格は得られないとの条件もあり、洪氏らが満たせるかいぶかる向きもある。有力者不在の状況に党内からは、支持率の高い朱主席を強制的に候補者にすべきだとの意見まで出てきた。

http://www.sankei.com/world/news/150515/wor1505150044-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/150515/wor1505150044-n2.html

関連スレ
【中台】中国、台湾野党主席の訪米けん制 「台湾独立の分裂活動に反対」[5/13] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1431515445/