3872702602_7257c38bc8_n.jpg 
photo credit: A bear's life via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/05/15(金) 08:54:50.43 ID:
ソウル中渓洞(チュンゲドン)の某マンション15階で、電動車椅子に乗った障害者がエレベーター通路の中に落ちて死亡する事故が発生した。

ソウル蘆原(ノウォン)警察署の関係者は15日、「去る14日の午後9時25分頃、1級障害者のオ某さん(54歳)がエレベーターの扉に突進して、扉を壊して通路に落ちた」と明らかにした。オさんは転落しながら9階にあったエレベーターに当たって死亡した。当時、エレベーターの中には2人が乗っていたが、けが人はいなかった。

警察の調査の結果、オさんは事故直前、家族に「すまない」という内容の電子メールを送った事が分かった。警察の関係者は、「エレベーターの扉が弱く、オさんが電動車椅子で数回ぶつかると扉が壊れた」とし、「オさんはこの町内の居住者ではなかったが、過去にゆかりがある町で訪ねて来たようだ」と話した。

警察はオさんが自分の境遇を悲観して自ら命を絶つためにエレベーターに突進したと見て、正確な事故の経緯を調査している。


ソース:NAVER/朝鮮日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=023&aid=0002972169