2197152643_c0a6706a71.jpg 
Photo Credit: Capt' Gorgeous via Compfightcc
(イメージです。)


1
:2015/05/11(月) 22:15:20.65 ID:
韓国メディアによると、日本が「明治日本の産業革命遺産」のユネスコ(国連教育科学文化機関)世界文化遺産への登録を目指していることを受け、韓国の民間団体が9日、反対イベントを開催し、福岡県の麻生炭鉱で強制労働させられたという92歳の男性が壮絶な体験を語った。11日付で中国新聞網が伝えた。

男性は、コン・ジェスさん。「粉塵だらけの採掘場で毎日、12時間以上働かされた。少しでも休もうとすれば、棍棒で殴られた。逃げようとして捕まり、死ぬほど殴られた」と語った。

「殴る時、日本人は直接手を下さず、韓国人にやらせる。『韓国人はうそつきだ』とよく言われたが、今の日本がやっていることは嘘や偽善以外の何物でもない。日本のやり方があまりにもひどいので、このまま死ぬわけにはいかない、歴史の証人になろうと思った」「当時は食べ物なんてなかった。1日に2度の豆かす(大豆から油を搾った残りかす)も保証されなかった」と言いながら、涙をぬぐった。

1943年、当時22歳だったコンさんは、麻生炭鉱で強制労働させられた。2年後、日本の植民地支配から解放され、ようやく故郷に戻ることができたという。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150511-00000031-xinhua-cn