9663233.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2015/05/08(金) 14:22:14.27 ID:

日本に対し「歴史の歪曲」を叫ぶ韓国メディア。そんな彼ら自らが、資料もきちんと読み込まず、「我田引水」としかいいようがない歪曲をしでかし、日米の研究者らがたいへん困惑している。

5月5日、日本学や歴史学など、米国を中心に世界でも著名な研究者187人が「日本の歴史家を支持する声明」(原題:Open Letter in Support of Historians in Japan、米国のアジア研究者の交流サイト「H-ASIA」で読むことが可能)を発表した。これには、米マサチューセッツ工科大学のジョン・ダワー教授やハーバード大学のエズラ・ボーゲル教授、入江昭名誉教授など、日本でも著名な研究者らが署名したものだ。

この内容は、日本に向けられてはいるものの、東アジアの歴史に対し、安倍晋三首相はじめ日本政府を狙って批判・糾弾しているものではないことは全文を読めばわかる。

ところが、聯合ニュースの報道の中身は、日本たたきで終始する、いつもの韓国メディアの論調から外れていない。英文も日本文もどちらも十分に理解できない(と思われる)特派員が、都合のよい論調で、しかも原文の意味を歪曲して伝えているとしか言えないような内容だ。

まず、「学者187人が安倍首相に対し旧日本軍慰安婦問題とこれに関連した歴史的な事実をねじ曲げることなく、そのまま認めるよう求める声明を共同で発表した」としているが、そんな内容はどこにも書かれていない。

また、声明では「最も先鋭的な歴史問題の一つに慰安婦問題を挙げ」とし、「慰安婦にされた女性らの苦しみを被害国で民族主義的な目的に悪用することは国際的な問題解決を難しくし、被害女性の尊厳を冒涜することだ」と声明に記されていると記述している。

民族主義的な目的というのは、まさに韓国がしていることを指している。これは英文を読んでもわかる。

しかも、慰安婦制度の問題についてこの声明のなかでは、「この問題は、日本だけでなく、韓国と中国の民族主義的な暴言によっても、あまりにゆがめられてきました」と明記されている。この部分を、聯合ニュースは都合よく外して報道しているのは間違いない。
 
続く
  

一部抜粋 
http://toyokeizai.net/articles/-/68890 
 
=管理人補足=
元スレタイ;
韓国メディア「学者187人が安倍の歴史認識を糾弾!」→むしろ韓国を諫める内容だったと判明

下記日本語
PDFでは、全部で11ページありますが、
多くのページには署名した方々の名前が連なっています。
内容的には2ページと1/3程です。
 
 
韓国での報道です。
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

公開日:2015/05/05
動画タイトル:[単独]世界の歴史学者187人」阿部、「慰安婦」過去の歴史歪曲はいけない」

[アンカー]
日本の安倍晋三首相が先週、米国訪問期間、日本軍慰安婦問題をはじめとする過去の外面て逆風を受けていますよ。

今回は、世界的に著名な歴史学者らが集団の声明を出したし。

歴史的事実を認めろというのです。

ワシントンでギムボムヒョン特派員です。

[記者]
「韓国戦争の起源」という著書で、国内でもおなじみのブルース·カミングス米シカゴ大学の教授、ピューリッツァー賞を受賞したジョン·ダウ語MIT教授とハーバートビックスビンガムトンデ教授。

米国と欧州、オーストラリアで活動中の世界的な歴史学者187人だがムンチョトた。

まさに日本の安倍晋三首相の正しい歴史認識を促す集団声明を出したのです。

聯合ニュースと聯合ニュースTVを通じて公開した今回の声明は、「日本の歴史を支持する公開書簡」が正式名称で、外交経路を通じて安倍首相も日本版書簡が渡されました。

187人の歴史学者は、まず最も分裂的な過去の歴史問題で日本軍慰安婦問題を挙げました。

20世紀の戦争の中で発生した性暴行事例のうち、膨大な規模であり、軍によって組織的に管理されたし貧しく弱い女性を搾取した歴史的事実がまさに日本軍慰安婦問題ということです。

特に安倍政権が慰安婦強制動員の事実を否定していることについて、日本軍が女性の移送と慰安所の管理に関与し、多くの女性が恐ろしい野蛮な行為の犠牲となったことが、複数の証拠に現れていると念を押した。

それと共に第二次世界大戦70周年を迎えた今年、日本政府が言葉と行動で、過去の植民地支配と侵略行為の問題を解決してリーダーシップを示すチャンスだと強調しました。

安倍首相が先月29日、米国議会で日本が他の国の苦しみに直面した発言したのに続き、抜本的な行動に出る時だと促しました。

三ヶ月前、米国の歴史学者二十人の集団の声明に続き、今回は、世界の歴史学界が、安倍首相の歴史認識に集団的な意思表示をしたもので、二度の両方アレクシスドドゥン米国コネチカット大学教授が主導しました。

第二次世界大戦70周年談話というまたチャンスを残し安倍首相が世界の歴史学者たちの声に耳を傾けか注目されます。

ワシントンで連合ニュースTVギムボムヒョンです。