野球 

1
:2014/03/13(木)23:47:58 ID:
台湾版「甲子園」初開催 日本球児の遠征で機運高まる
竹田和博 2014年3月13日16時04分

日本の全国高校野球選手権大会をモデルにした高校野球のトーナメント大会が台湾で初めて開かれ、初の優勝校が1月に誕生した。野球強豪国・台湾には日本の高校球児が近年相次いで遠征し、全土を対象とした大会開催への機運が高まった。目指すは100年続く、台湾版「甲子園」だ。

台湾全土の高校を対象に初開催されたのは「黒豹旗(こくひょうき)全国高中(高級中学)棒球大会」。台湾の野球協会の主催で51校が参加して昨年12月に開幕。台北市内の天母(てんむ)野球場で1月12日に決勝があった。

決勝では、桃園県にある平鎮高中と桃園農工が対戦し、平鎮高中が安打を重ねて初回に7点をリードし、13―1で初の覇者となった。優勝の瞬間には、観客席から紙テープが投げ込まれ台湾流の祝福を受けた。

(続きを読むには会員登録が必要です)
朝日新聞 
http://www.asahi.com/articles/ASG3D345ZG3DPTIL003.html