韓国 経済 
(イメージです。)


1
:2015/05/05(火) 05:27:13.14 ID:
2015年5月3日、韓国・ニューシスによると、相次ぐ対外悪材料がただでさえ難しい韓国経済を脅かしている。

韓国政府の積極的財政拡大政策にもかかわらず、投資と消費が明確な回復傾向を見せない中で、米国と中国の景気低迷、円安を前面に打ち出してきた日本の攻勢など、海外からの脅威に輸出さえ減少し、韓国経済に暗雲が垂れ込めている。

これらの悪材料は短期間で解決策が見えない構造的側面が大きいという点で、今後相当期間、韓国経済の頭痛の種になるとみられている。まず、下落し続ける円だ。円は先月29日、900ウォン台を割り込んだ。ウォン・円レートが800ウォン台になったのは7年2カ月ぶり。

一部では、円安のために、韓国の経済成長率が2%台まで低下するという警告も出ている。
 
米国と中国の経済が停滞していることも韓国には心配の種だ。韓国の2大輸出国に加え、世界経済を振り回す巨大経済圏であるからだ。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「内需経済を存続させるには、中国から雇用を取り戻さねばならない。国内の労働市場はあまりにも厳しい」
 
「もう答えがない」
 
「今、韓国内で作るものがない。景気が良くなる訳がない」

「もう愛国宣伝のごまかしは通じない。実際に景気を良くしろ」
 
「韓国は『日本型失われた20年』の長期不況に突入してしまった」

「不動産が持ち直せばすべて解決だ。韓国は真面目に働いてお金を稼ぐ社会じゃない」
 
「韓国は政治経済の限界に直面している。大統領も国会議員も腐敗・堕落し、国民の前に示した自らの公約・公言を当選後には簡単に破棄して、独断・恣意的に反国民的な腐敗政治をしている。また、亡国的政経癒着で庶民の生き血をすすり、貪欲な少数の経済力に一方的に支配されている。多数の国民が政治経済への参加と利益から疎外されたまま、ただ経済的苦痛と負担だけ背負っている」

「民衆よ、デフレに備えよ」
 
「輸出下落、消費下落、投資下落、内需下落、最終的には韓国墜落だ」

(翻訳・編集/三田)
ソース:Yahoo!ニュース Record China 5月5日(火)5時6分配信
http://yomei3archives.blog.fc2.com/blog-entry-45.html