182681429_79cca242bf_n_20150505125129a71.jpg 
photo credit: BANK OF KOREA [Seoul] via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/05/05(火) 10:58:03.66 ID:
韓国銀行(韓銀)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が、米国が利上げをしても国内の政策金利を追加で引き下げることもあるという立場を明らかにした。3日(現地時間)、アジア開発銀行(ADB)年次総会が開催されるアゼルバイジャン・バクーで行った記者懇談会でだ。

下半期の米国の利上げ時期が近づいても韓銀はさらに利下げする可能性があるのかという質問に対し、李総裁は「状況によってはそのようなこともある」と答えた。米国が利上げすれば韓国も資本流出を防ぐために利上げをするしかないと断定する必要はないという意味だ。

李総裁は「米国の利上げ時点も重要だが、速度が重要だ。米国経済の流れを見ると、金利を急速に上げることはできないだろう」と話した。崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)副首相兼企画財政部長官もこの日、バクーで開かれたASEANプラス3(韓中日)財務相・中央銀行総裁共同記者会見で、「米国が金利を急激に引き上げない限り、韓国の資本流出の危険性は大きくないだろう」と述べた。崔副首相は先月17日、米ワシントンで記者懇談会を開き、「米国が利上げすれば韓国も利上げするべきかについてはもう一度考えてみる必要がある」と発言した。

李柱烈総裁はこの日の記者懇談会で輸出に対する懸念も表した。李総裁は「輸出が予想以上によくない。1-3月期の輸出は2.8%減少したが、量ではマイナスでなかった。しかし4月は量基準でもプラスかどうか確かめてみなければいけない」と述べた。

産業通商資源部によると、4月の輸出は462億1800万ドルと、前年同月比で8.1%減少した。韓銀が4日に発表した国際収支動向によると、3月の経常収支は103億9000万ドルの黒字だった。2012年3月以来37カ月連続の黒字だ。ノ・チュンシク韓銀国際収支チーム長は「4月に集中する配当金と原油価格が変数だが、経常黒字は当分続く可能性が高い」と述べた。歴代最長(38カ月、1986年6月-89年7月)記録の更新を目前にしているが、輸出より輸入が大幅に減少して生じた「不況型黒字」であり、喜ぶことはできない。

オ・ジョングン建国大特任教授は「90年代の円高で日本が不況型黒字を迎えたのと似た状況に進んでいる」とし「中国が速いペースで追い上げているだけに、長期的には技術競争力を確保しなければならず、短期的にはウォン高による輸出企業の価格競争力低下を解決する必要がある」と述べた。
 
http://japanese.joins.com/article/920/199920.html?servcode=300§code=300