1:2015/05/01(金) 18:14:45.00 ID:
韓国の首都ソウルで、デモが行われ、同国からのアメリカ軍の撤退が求められました。

イルナー通信によりますと、韓国市民数百人は、29日水曜、ソウル中心部に集まり、アメリカ軍の大規模な駐留の終結、同軍の即時撤退を求めました。
 
抗議者はさらに、「責任者から適切な回答が得られるまで、デモを続ける」と表明しました。
 
ポチョン市の住民・農民委員会の責任者は、これに関して、「韓国の市民は、激しい爆発を伴うアメリカ軍の繰り返しの実験への恐怖に溢れた、不安定な状況の中で暮らすことに疲れている」と語りました。
 
さらに、この地域にアメリカ軍が70年間駐留していることについて触れ、「人々の忍耐は限界に達しており、同軍の即時撤退を求めている」と述べました。
 
抗議者はさらに、「合衆国軍の本部」と呼ばれている韓国国防省の前に集まり、アメリカ軍に属するロドリゲス射爆場から発生している環境問題に抗議しました。
 
ロドリゲス射爆場は、在韓アメリカ軍の重要な基地のひとつで、1954年に韓国の国境に近いポチョン市に建設されました。この射爆場は、1300万平方メートルの敷地に建設され、アジア最大のアメリカ軍の訓練場と見なされており、両国軍の合同軍事訓練のために使用されています。
 
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/54288-%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%81%A7%E5%8F%8D%E7%B1%B3%E3%83%87%E3%83%A2 
9e2f9bda554dd8ed8c913444c33b4966_XL.jpg 

=管理人補足=
動画を探しましたが、見つけられませんでした。
その代り・・・ではありませんが、5/1のデモです。

公開日:2015/05/01
動画タイトル:公務員団体、国会奇襲デモ...警察、すぐに強制的に解散/ YTN
google翻訳です。読みにくい部分もあるかと思いますが、ご了承下さい。
[アンカー]
公務員年金改革の議論が大詰めに達した中で、改革に反対する公務員団体が国会で奇襲デモを行っています。

警察が解散命令を下しているのですが、すぐに強制解散措置が行われるように見えます。

取材記者接続します。ギムウンレ記者!

現在の状況電解ジュシジョ。

[記者]
現在、国会では、公務員年金改革のための実務機構の活動が盛んに進行中です。

争点は、かなりの意見の相違が低減しました。

少し前にこのような状況で公務員団体の国会奇襲デモが行われました。

1時間ほど前からデモが始まりたんです。

今画面が今現在行われている状況です。

国会本館の前にある階段に公務員団体所属の公務員70人程度が集まって公務員年金改革に反対して、公務員年金改革の議論を進めている国会特別委員会の解散を要求しています。

現在、警察は解散命令を下してい。

国会は、セキュリティ設備であるため、国会フェンスの周りに半径100mまで集会デモが基本的に禁止されているところです。

このため、警察が現在数回解散命令を下した状態でしばらく後に解散命令に最後まで応じない場合は、しばらく後から強制解散に出る可能性がある方針を明らかにした状態です。

もう一度状況を説明します。

現在、国会では、公務員年金改革案の議論のための実践的な機構の活動が進行中です。

このような状況で、公務員年金改革自体に反対する公務員団体所属の70人程度が国会に進入して、国会本館前奇襲デモを行っています。

団体所属の公務員は、現在の公務員年金改革を契約に規定して改革に反対しており、そして議論を進めている国会特別委員会に解散を要求しています。

警察は数回解散命令を下し、しばらく後から強制解散措置に入ると思われます。

述べたように、現在、国会では、寄与率と支給率について実務機構協議が盛んです。

意見が相当部分狭めたがね。

核心争点である支給率については、現行の1.9%の支給率を段階的に1 7%まで引き下げる方策について相当部分に共感を成し遂げました。

寄与率は現行の7%から9%に高める方策についてもかなりの部分を意味を集めたと伝えられています。

実務機構で接続解雇内面明日までが活動期限の公務員年金改革特別委員会での議論が続く...(中略)