8382984068_6013b01d28_n.jpg 
photo credit: Korea_Special_Olympics_27 via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/05/01(金) 14:45:13.63 ID:
IOCの分散開催を通じたコスト削減を提案を平昌組織委と江原道は拒絶した。平昌組織委と江原道は「時間に追わてはならない」としてきました。

ところが、平昌より2年前の来年行われるユースオリンピックノルウェーリレハンメルはIOCの提案を受け入れることによって、分散開催を発表しました。オンヌリ記者です。

3年後に迫った平昌冬季オリンピック、分散開催が議論されるたびに、組織委員会は、同じ言葉だけ繰り返します。

[グァクヨウンジン副委員長/平昌組織委(今年1月):今は時間がないので。 もう時間があまり残ってなくて。]
 
ところが、平昌の2年前に冬季ユースオリンピックを受けいれるリレハンメルは今日(30日)、この決定をしました。スノーボードハーフパイプ競技場を作成する代わりに、オスロの既存の施設で競技を行うことにしたのです。それだけでなく、授賞式でのメダル授与を競技場で行う、閉会式を閉幕パーティーに交換するなど、当初の計画を大量に修正しました。
 
IOCも、このような決定について、「革新的なアイデアが、コストも削減ユースオリンピックをより特別にしてくれるだろう」と歓迎した。平昌組織委はこれに対し、リレハンメルとは状況が違う立場です。
 
[バクゴンマン広報専門委員/平昌組織委:ユースオリンピックだから、私たちと状況が多く違います。 規模とかいろいろ。]

開催1年前、分散開催決定で、コストも削減IOCの歓迎まで受けたリレハンメルが、平昌の選択についてもう一度疑問符を投げています。

http://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB10872396&pDate=20150430 自動翻訳