1:2015/04/27(月) 09:18:42.75 ID:
韓国関税庁によると、4月1-20日の韓国の輸出(速報値)は金額ベースで前年同期比で11.1%減の272億5400万ドルだった。この傾向が月末まで続けば、世界的な金融危機以降で初めて月次ベースで輸出が2桁台の減少となる見通しだ。
709ba1e6.jpg
 輸入は14.3%減の247億6800万ドルで、貿易黒字は維持するとみられるが、輸出の減少幅が大きいことが問題だ。

 輸出が月次ベースで10%以上減少したのは、2009年8月(20.9%減)が最後だ。今年1-3月の輸出は前年同期比2.9%減の1335億6800万ドルだった。第2四半期(4-6月)に入っても輸出は改善の兆しが見えない。

 専門家は月末に輸出が伸びる傾向を考慮すると、4月の輸出が2桁減にはならないとみている。野村証券は7.6%減、現代証券は7.3%減を予想している。現代証券のエコノミスト、イ・サンジェ氏は「4月下旬の通関日数が昨年よりも1日多く、通常下旬の1日平均輸出が上旬の倍程度に増えることを考慮に入れるべきだ」と述べた。韓国政府も輸出量自体は堅調を維持しているとの立場だ。

 ただ、今後の輸出見通しは明るくない。まず原油安が韓国の輸出にマイナス影響を与え続けている。原油価格が昨年より低水準で推移すれば、輸出減少傾向が今年末まで続くと予想される。

 中国、新興国、欧州など韓国の主要輸出市場の景気は低迷していることも問題だ。中国の4月のHSBC製造業製造業購買担当者指数(PMI)の速報値が市場見通しを下回る49.2となるなど、中国の経済指標でプラスな部分は見つからない。ユーロ圏や新興国も同様だ。野村証券のエコノミスト、クォン・ヨンソン氏は「中国、ユーロ圏、日本、新興国の輸出が不振な中、対米輸出も伸び悩むのではないか。対外需要が低迷している」と分析した。

 為替による影響も無視できない。ウォンの対円レートは100円=900ウォン割れが迫り、円安が再び進んでいる。日本と主力輸出品目が重なる韓国にとって、輸出に赤信号がともった状況だ。現代経済研究院のホン・ジュンピョ研究委員は「今年ウォンの対円レートが900円で推移すれば、韓国の輸出は8.8%減少が見込まれる。石油化学、鉄鋼、自動車、機械、ITなどの品目の輸出が打撃を受けそうだ」と指摘した。
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/27/2015042700756.html