1:2015/04/22(水) 20:42:32.37 ID:
石像制作者を書類送検 河川敷に無許可設置疑い

PR
長野県上田市の千曲川河川敷に設置された石像=2月

 長野県上田市の千曲川河川敷に無許可で石像を設置したとして、上田署は22日、河川法違反の疑いで、市内に住むアルバイトの男性(55)を書類送検した。人知れず制作された石像は話題となり、記念撮影に訪れる人が相次いでいた。国土交通省千曲川河川事務所によると、男性に撤去を求める方針。

 男性は数年前から1人で夜間に、人の胸像とみられる石像を制作していた。容疑を認め、「趣味でやった。自分の中のイメージを像にした」と話している。

 河川事務所によると、像の高さは約2メートル。河川事務所が最初に像に気付いた平成23年4月以降、装飾が加えられるなどして大きくなっていった。今年2月、上田署に通報した。

 書類送検容疑は今年3月上旬、上田市常田の千曲川右岸で、国交相の許可を得ずに石像の前に敷石1個を置いた疑い。
039c362b.jpg