1:2014/03/13(木)02:17:57 ID:
ソウルで21日に複合施設「東大門デザインプラザ」がオープンする。韓国のプロジェクトとしては、最も論議を呼んでいる建物だ。

 東大門デザインプラザの運営を担当するソウルデザイン財団によると、同施設はイラク出身で英国籍の女性建築家、ザハ・ハディッド氏が設計した、斬新なデザインの建物だ。地上4階、地下3階で、延べ床面積は8万6574平方メートル。

 外観の特徴は、芝生が敷き詰められた屋上と、それぞれ個別に作られた4万5133枚のアルミパネルで覆われた外壁だ。

 施設内には催事場や会議場、工房、専門店などが入る。オープン当日には「ソウルファッションウィーク2014秋冬」が開催される。

 ソウルは呉世勲・前市長の下で、この施設に4840億ウォン(約460億円)をつぎ込んだことで、コストのかかる無駄な施設との批判を招いた。
 
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304730304579434712809306876.html

636b94fd.jpg