1:2015/04/19(日) 11:00:05.55 ID:
■ 遺族20人連行・・・車椅子に乗った障がい者も含む
■ 『遺族連行に反発』~汎国民大会は結局中断
■ 警察、催涙液に放水まで数回乱射

(写真)
31461881.jpg

『セウォル号1周忌』から最初の週末を迎えた18日、ソウル市役所広場で行われた『セウォル号惨事汎国民大会』で、参加した遺族や市民と警察の間で衝突が続いた。

その過程で遺族20人を含む100人が大挙連行された。この中には車寄子に乗った障がい者も含まれる事が分かった。

416連帯とセウォル号国民対策会の主催でこの日の午後3時20分から、ソウル広場でセウォル号惨事汎国民大会が開かれた。 この日集まった人員は主催側推算約3万人、警察推算約8000人である。

汎国民大会に先立って午後1時45分頃、光化門(クァンファムン)広場の樓閣前で連座座り込み中の遺族など11人が、集会およびデモに関する法律違反の疑いで連行されて、衿川(クムチョン)警察署に護送された。

引き続き汎国民大会に備えて車の壁を作っていた警察に抗議して、バスに上ってデモをした『ユミン・アパ(お父さん)』ことキム・ヨンオ氏など、5人が追加で連行された。

(写真)
96383c9b.jpg

午後2時30分には、光化門広場で衝突した遺族の『トンジン・オンマ(お母さん)』ことキム・ギョンニョ氏と機動警察1人が負傷した。機動警察は現場で応急処置を受けた後、病院に運ばれた。

遺族連行の消息を伝聞した参加者は午後4時30分頃、汎国民大会の中断を宣言して、遺族が連座座り込みをしている光化門広場に移動した。

セウォル号の遺族50人余りと市民など70人余りがこの日、光化門の樓閣前で連座座り込みをしていた。

国民対策会のイ・ジェグン共同状況室長は、「警察が座りこみ場所にいた遺族10人余りを連行した事に続き、全員を不法集会という理由で連行すると伝えてきて、これを抗議しに行くために行事の中断を決定した」と伝えた。

ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=003&aid=0006472819

>>2に続きまーす