3347394755_718ed5956e_n.jpg 
photo credit: Reach via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/04/16(木) 09:23:21.51 ID:
マーク・リッパート駐韓米国大使は、旧日本軍の慰安婦問題をはじめとする韓日間の過去の歴史をめぐる対立に関連して「米国は日本政府に対して、癒し・和解を図る発言や努力をするよう促している」と明らかにした。

リッパート大使は15日ソウルプラザホテルで開かれた韓国国防研究院(KIDA)主催の朝食懇談会で「米国は過去の問題がとても難題だということをよく認識してきた。癒しと和解の方向に進展することを期待している」としながらこのように伝えた。

さらに「韓米同盟の現況評価および展望」をテーマにした特講で「米国が(韓日間に)公式的な仲裁の役割をするのではなく、韓日はいずれも立派な民主国家なので満足に値する解決方法を見出せるように促す役割をするだけ」としながら「未来協力の可能性の進展について多くの協力が3カ国(韓米日)間で行われることを期待する」とつけ加えた。

ソース:中央日報 2015年04月15日14時59分
http://japanese.joins.com/article/046/199046.html?servcode=A00§code=A10