1:2014/03/13(木)02:47:29 ID:
"市民権の名前も独島(ドクト)(Dok Do)へ改名しましたよ" [LA中央日報]

LA居住チェ・イクチョル氏'限りない独島(ドクト)愛'

'独島ライダー'との出会いが縁でオートバイや車両のナンバープレートも変えて

日本ショッピングモールに行って辱めを経験さらに胸が痛いのは韓人の無関心

 283b934f.jpg 
最近、名前を独島に改名したチェ・イクチョル氏が自身の車両に掲げられた独島ナンバープレートを持って見せている。
キム・サンジン記者

「いつか日本を訪問して独島を広報することが願いです。」

LAの韓人社会で独島広報家として有名なチェ・イクチョル(58)氏が最近市民権を取得し、名前を’独島(ドクト)(Dok Do)’に改名して話題だ。

チェ氏は‘独島ライダー’チームを知ることになってから本格的な独島広報家としての生活を送ることになった。

独島ライダーは韓国の大学生らで構成された独島広報チームだ。2006年にLAを訪問した彼らはオートバイに乗って米国の8つの主要都市はもちろん、ヨーロッパまで走って独島を広報した。独島ライダーがLAに滞在した当時、宿を提供したチェ氏は彼らに感銘を受け、自身のハーレー・ダビッドソンに独島の絵を描き入れて‘独島広報家’に変身した。

また、持っていたバンとトレーラーのナンバープレートも‘Dok Do’に変えた。そして昨年3月、市民権を取得すると名前まで‘Dok Do’に変えたのだ。

「日本が独島を自分たちの土地だと言い張るのがあまりにも苦しくて憤りが爆発します。どのようにすればより一層効果的に独島が私たちの土地であるという事実を知らせることができるか悩み、名前まで変えることになりました。市民権の面接官が名前が特異だと言うので説明したら手をたたいて激励してくれたのです。

独島のナンバープレートが付いたオートバイと車に乗って通ってみたら、様々な経験をすることになるというのが彼の説明。

「他人種たちは独島というナンバープレートが珍しいのか、意味を度々尋ねます。韓国の美しい島だと言い、日本との関係を説明すれば、みんな首を縦に振ります。」

だが、日系ショッピングモールに行って辱めに遭うこともあった。

「ショッピングモールの警備員がナンバープレートを見て入場を防いだのです。騒ぎになるとすぐに店の主人が出てきたが、やはり私に悪口を言いながら出て行くよう要求しました。罪を犯したのではなく警察を呼べと言ったところ、水をかけながら圧迫してきたのです。」

このような侮辱を数回経験したが、チェ氏は最も胸が痛いのはむしろ同じ韓人らの無関心だと説明した。

続く