韓国 南大門

1
:2014/01/19(日) 00:56:38.50 ID:
崇礼門(南大門)の欠陷工事関連の検証調査をしていた50代の国立大教授が、校内の学科事務室で死亡した状態で発見されて警察が捜査に乗り出した。

18日の午後3時15分頃、清州市(チョンジュシ)興徳区(フンドクグ)忠北(チュンブク)大学の某学科事務室で、この大学教授であるパク某さん(58歳)が電気コードで首を吊って死んでいるのを妻(56歳・女)とこの大学の学生が発見、警察に届けた。

パクさんの妻は警察で、「朝に学校に行った夫と昼食を一緒する予定だったが連絡が取れず、
不審に思って学校に尋ねると死んでいた」と話した。

パクさんはノートに、「あまりにも荷が重い。先に行ってすまない」という内容の遺書を残したことが分かった。

特に死亡したパクさんは昨年、ロシア産の木材使用疑惑などで物議を醸している崇礼門の欠陷工事関連の検証の調査をしていて、彼の自殺が今度の崇礼門の欠陷工事といかなる関連があるのかに関しても関心が集まっている。


警察は遺族らの供述などを基に、正確な死亡経緯を調査している。

ソース:NAVER/朝鮮日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=023&aid=0002666488

【韓国】崇礼門でたらめ復元 落下したかけらで実験してみると…もしや偽のにかわ接着剤?[11/07]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1383789372/l50
【韓国】南大門ひび割れ疑惑…大木匠の材木店など家宅捜索[01/04]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388884998/l50