7074226347_45a314b278_n_20150409211955264.jpg 
photo credit: Korean flag via photopin(license)
(イメージです。)

1
:2015/04/09(木) 16:04:40.63 ID:
韓国は環太平洋経済連携協定(TPP)に加入するためにはコメ市場を追加で開放するべきだと、米国が要求した。TPP交渉を主導している米国が韓国の最大の「アキレス腱」に触れたのだ。今年上半期のTPP加入宣言を目指す政府としては難しい状況を迎えた。

ラッセル米国務次官補は最近、韓国経済新聞のインタビューで、「コメ市場の追加開放は(TPP参加交渉を行っている)日本にも大きなイシュー」とし「日本ができるなら韓国もできる」と述べた。
米国務省の別の関係者も記者に対し、「(TPP交渉中)米国は日本にコメなど重要な市場を交渉から除くことはできないと述べた」とし「米国は韓国も実質的(substantial)な方法でコメ市場をさらに開放することを望む」と述べた。この関係者は「具体的なコメ市場追加開放方式は今後の交渉で議論することになるだろう」と語った。

韓国は現在、義務的に年間40万8700トンのコメを5%の関税で輸入し、追加の輸入量には513%の高い関税をかけている。

2013年にTPP参加を公式宣言した日本はコメ・牛肉・豚肉・砂糖・乳製品の5品目を“5大聖域”として提示し、市場開放を拒否する意思を強く表示した。しかし日本は最近、態度を変え、義務輸入量(MMA)とは別に、米国産のコメ5万トンを低関税率または無関税を適用して輸入することを検討しているという。ラッセル次官補のこうした発言は10年間続いたTPP交渉の妥結を目前にして、従来の参加国が韓国の“無賃乗車”を受け入れる可能性は低いという点を示唆した。

しかし政府関係者は「米国とTPP交渉をしてもコメ市場の追加開放は不可能という方針は必ず貫徹する」と強調した。

米国「韓国はコメ市場を追加開放すべき」
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
2015年04月09日 10時56分
http://s.japanese.joins.com/article/762/198762.html?servcode=300§code=300