韓国 経済 

1
:2014/03/12(水)11:46:06 ID:
アベノミクス失敗すれば2020年に韓日国民所得が逆転

聯合ニュース 2014-03-12 08:35

(ソウル=連合ニュース)
安倍晋三日本総理の経済政策である「アベノミクス」が失敗すれば韓国と日本の1人当り国民所得が2020年に逆転するはずだという分析が出た。

ソン・ミンギュ韓国投資証券研究員は12日、「韓国の経済革新3ヶ年計画が成功して経済成長率(GDP)が年平均4.5%に到逹し、日本GDPが年間1%成長に止まったら2020年の韓国の1人当り国民所得がはわずかの差で日本より先に進むようになる」と見通した。

日本の1人当り国民所得は2012年に4万6千562ドルで史上最高値を記録したが、去年は3万8千533ドルと 1年で17.2%も減少した。

これは2007年以後の最低値の上に1994年の1人当り国民所得3万8千688ドルよりも少ないのだ。日本の所得水準が20年前に後退したのだ。

アベノミクスで円価値が対ドルで18.2%下落したのが1人当り国民所得減少の主要原因になった。

一方、韓国の去年1人当りの国民所得は2万4千127ドルで2012年より1419ドル増えたとソン研究員は推定した。

彼は「去年基準で韓国の1人当り国民所得は日本の63%にあたる」「韓国国民所得が2008年の金融危機以後日本の50%を下回っていたという点を考慮すれば、両国間の格差はたくさん減った」と言った。

ソン研究員は韓国と日本の国民所得格差縮小がアベノミクスとパク・クネ政府が立てた経済革新3ヶ年計画の成敗に関わったと判断した。

韓国が経済革新に成功して経済成長率が年平均4.5%に到逹する一方で日本が年間1.0%成長に止まったら2020年に韓国の1人当り国民所得が4万ドルを越して, 日本をわずかの差で先に進むようになるはずだという推定だ.

アベノミクスが成功したら話は変わる。

彼は「今年以後日本が年平均3.0%の実質経済成長率を記録したら 2020年の日本の1人当り国民所得は4万8千ドルを越す」と言い「韓国との国民所得格差は減るが逆転はない」と予想した。

http://news.nate.com/view/20140312n05536?mid=n1006