5041530535_7f53d804a2_n.jpg 
photo credit: South Korean flag via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/04/09(木) 11:35:59.57 ID:
 聯合ニュースによると、韓国の李明博前政権期のエネルギー資源開発事業に絡み、横領などの疑いで検察の事情聴取を受けていた「慶南企業」の成完鍾会長(63)が9日朝、遺書を置いてソウルの自宅から行方不明となった。

 成氏は李前大統領の実兄と関係が深く、慶南企業は多くの開発事業に参加。検察は、韓国石油公社の融資を横領した疑いなどで成氏を聴取し、9日にも逮捕状が発付される可能性があった。
成氏は8日に記者会見を開き容疑を否認していた。

(共同)
http://www.sankei.com/world/news/150409/wor1504090017-n1.html

関連ニュース
李明博政権、約6兆円規模を損失か 資源外交失敗、検察が捜査
http://www.sankei.com/world/news/150404/wor1504040024-n1.html