日本 震災 

1
:2014/03/12(水) 10:26:37.91 ID:
2014年3月11日、台湾紙・聯合報によると、東日本大震災から3年のこの日、日本交流協会主催の追悼式典に出席した頼浩敏(ライ・ハオミン)司法院長は、日本留学経験のある台湾人として、日本語で挨拶を述べた。環球時報(電子版)が伝えた。

頼司法院長は「テレビで被災地や被災者の様子を目にするたびに心が痛む。人類はこんなにも小さな存在だったのか」と発言。
さらに、「日本国民はあれほど大きな災害に直面しながら秩序を保ち、略奪や暴動も起こさず、政府を信頼し、政府の指揮に従い、悲しみに耐えて助け合った。このような日本人の素晴らしい道徳観に全世界が感銘を受けた。台湾人もよく学ばねばならない」と述べた。

また、「台湾は日本と同じように環太平洋地震帯の上に位置しており、日本とは運命共同体であると同時に、最も親密な盟友だ。台湾は永遠に日本のそばにある。そして日本を永遠に支持する」と力強く語った。

ソースは
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=84776&type=