fdc5e4b9.jpg 

1
:2014/03/11(火)18:10:32 ID:
世界最大のウェブシリーズフェスティバルに数えられる「LAウェブシリーズフェスティバル(LAWEBFEST)」で韓国監督の作品が初めて招待作目録に挙げられた。

10日、LAウェブシリーズフェスティバル公式サイトによると、フェスティバル実行委員会は来る26?30日、米国ロサンゼルス・ラディソンLAXホテルで開かれる本イベントで韓国出身の在米韓国人であるカン・ヨンマン監督(47)のウェブシリーズ作品「Kimchi Warrior」を上映すると発表した。

同フェスティバルが韓国監督の作品を上映作として公式選定するのは初めてのことだ。

ウェブシリーズは、3?6分で構成されたアニメーション動画作品で、カン監督の「Kimchi Warrior」は、陶器で作られたロボットに乗った主人公がキムチの効能を利用してインフルエンザや狂牛病、マラリアなどの病気と闘い、人類を助ける内容を描いた。

今回のフェスティバルでは計15個のエピソードで構成された「Kimchi Warrior」ウェブシリーズの中から、それぞれマラリアと豚インフルとの戦争を描いたエピソード4編と6編が上映されるという。

イカソース
http://www.wowkorea.jp/news/enter/2014/0311/10123008.html