1:2015/03/27(金) 13:37:40.64 ID:
ソウル道峰(トボン)警察署は27日、自分の怒りを押さえられずに火をつけた疑い(現住建造物放火など)で、チョン某容疑者(66歳)を拘束したと明らかにした。

警察によればチョン容疑者は去る22日の午前3時35分から22分間、6回にわたり、道峰区(トボング)放鶴洞(パンハクドン)一帯の自動車や住宅のテントなどに火をつけた疑いを受けている。

警察の調査の結果、定職が無く住所不定のチョン容疑者は自分の境遇を悲観して、「火が出る(頭に来る)と犯行を起こした事が分かった。

警察は、「チョン容疑者の住居が一定せず再犯の憂慮があって拘束した」と話した。

(関連写真)
dfb7da06.jpg