772549274_ee90a9b5a2_n_201504020412159b5.jpg 
photo credit: survivors_1 via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/03/23(月) 23:41:06.69 ID:
2015年3月23日、韓国・アジア経済によると、世界で初めて旧日本軍の従軍慰安婦被害者を追悼するシールが作られた。

日本軍性暴力被害者サイバー歴史博物館は同日、「慰安婦問題を解決するため、16日に慰安婦追悼シールを4000シート製作した」と発表した。韓国の有名なイラストレーターらとともに製作したというシールには、慰安婦被害者の名誉回復、人権、痛み、傷、愛、希望、追悼といったメッセージが込められているという。

シールはまず、韓国で行われている慰安婦口述集(英語版)の北米配布プロジェクトのリワードとして使われ、その後、米韓のプロジェクト後援者たちに贈呈されるという。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「グッドアイデア!日本へ送られる郵便物に、切手と一緒に貼って送ろう」
 
「このように小さいことを積み重ねて行けば、いつか日本から謝罪を受けられるだろう」

「日本は本当に強情だ。ドイツのように歴史をきちんと清算して、韓国にとって良い隣国、強力な同盟国になればいいのに」
 
「すぐにこのシールを貼って、安倍首相に手紙を送ろう」

「正直なところ、韓国は日本と仲良くしたい。だから早く謝罪してほしい」
 
「独島(日本名・竹島)シールも一緒に製作して。独島問題もかなり深刻だ。日本人のほとんどが独島は日本の領土だと思っている」
 
「良い考えだとは思うが、デザインのレベルが…。小学生が描いたのかと思った」
 
「世界初(笑)こんなものを作る国は世界で韓国だけだから当然!」

(翻訳・編集/堂本)
http://www.recordchina.co.jp/a104800.html