1:2015/03/15(日) 11:11:47.45 ID:
■ 14日にニューヨークで『セウォル号遺族との出会い』・・・15日はマンハッタンを行進
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(写真)
385afe60.jpg

ニューヨークを訪問中の『セウォル号(犠牲者の)母親たち』が、アメリカの政治家と一緒に日本軍強制慰安婦の碑を訪問して注目を集めた。

『トンヒョク・オムマ(お母ちゃん)』ことキム・ソンシルさんと『キョンビン・オムマ』ことチョン・インスクさんが13日、ニュージャージー州ペリセイズパーク公立図書館の前にある慰安婦の碑を訪問、参拝する時間を持った。

ニュージャジー州下院のゴードン・ジョンソン議員と一緒に二人のオムマは、幼くして日本軍に強制に連れ去られ、あらゆる苦しみに遭いながら他郷で寂しく亡くなった大勢の被害者の事情を振り返り、痛みを分かち合う様子を見せた。

(写真)
0d3e8277.jpg

ニュージャージー州の慰安婦決議案の発議など、韓人(コリアン)の社会問題に誰よりも率先するゴードン・ジョンソン議員は、セウォル号の惨事で自分の命よりも大切な子どもを失った二人のオムマに暖かい慰労の声を掛け、「真実が究明されて二度とこのような悲劇が繰り返されない事を願う」と述べた。

キム・ソンシルさんとチョン・インスクさんは去る11日、ニュージャージー州のエジソンで『セウォル号遺族との出会い』のイベントに続き、14日にはニューヨーク・フラッシングの台湾センターで同胞との対話を行った。

セウォル号(犠牲者の)のイベントを主催しているセサモ(セウォル号を忘れないニューヨーク市民の集い)は15日、ニューヨークタイムズビルの前でセウォル号惨事の真相究明と母国の安全社会を念願する行進を行う計画である。

ソース:NAVER/NEWSIS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=003&aid=0006404140