韓国 Flag 

1
:2014/03/10(月)18:00:01 ID:
韓国国民健康保険公団の調査で、2012年に同国で胃炎のため医者にかかった人の数は521万2000人で、08年の442万6000人から大幅に増えた。ダイエットやストレスなどが原因となっており、この数は韓国人の10人に1人に相当する。韓国・朝鮮日報電子版の9日付の報道として、中国網が10日伝えた。

男女別では女性の胃炎患者が316万人、男性が204万人で、女性の数が男性の1.5倍だった。20代では10万人当たりの女性胃炎患者数が男性の2.2倍と、年代別で最も開きが大きかった。

医師によれば、若い女性に胃炎が多い理由は、過度なダイエットをする人が増え、朝食を食べない人、食事が不規則な人、ストレスを抱えた人が多いこととみられる。

また、韓国全体で08年から12年に胃炎患者は年平均で3.4%増えたが、10代では7.3%と伸びが大きかった。20代の増加率は4.4%だった。

続きは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140310-00000021-xinhua-cn