サムスン スマホ 

1
:2014/03/10(月) 14:54:53.36 ID:
李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長の2014年の配当収入が100億円超に達することがわかった。サムスン電子などグループ3社分だけで1078億ウォン(約104億円)と前年比4%増えた。財閥関係者ら13人の配当収入が100億ウォンを超え、李会長がトップだった。財閥オーナーらの高い資金獲得力があらためて明らかになった。

韓国の民間調査会社である財閥ドットコムが3月5日時点で13年度の配当方針を公表済みの713社を対象に、大株主が受け取る配当金を調べた。

配当金の内訳は公表されていないが、聯合ニュースによると李健熙会長はサムスン電子から715億ウォンを受けとる。1年前に比べて約8割増えた。サムスン電子はスマートフォン(スマホ)の拡販で年間ベースの連結営業利益が13年に過去最高を更新。年間配当は1株当たり1万4300ウォンと12年の1.8倍に増やした。海外の投資家などが成長鈍化懸念を強めているのに対応して株主還元を強化する狙いがあったようだ。

李会長はサムスン電子から報酬を受け取っていないが、株式は昨年9月末時点の普通株だけで3.38%持つ。一方で20.8%を出資するサムスン生命は配当を大幅に減らしており、李会長の配当収入は3社合計では小幅の伸びにとどまった。配当収入が1000億ウォンを超えるのは4年連続。

配当受取額2位は現代自動車の鄭夢九(チョン・モング)会長で、495億ウォンと前年比2%増えた。鄭会長の長男である鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自副会長も228億ウォンで4位に入った。3位は化学や通信を手掛けるSKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長で285億ウォンだった。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM10011_Q4A310C1EB2000/?dg=1