中国 Flag 

1
:2014/03/10(月)12:40:09 ID:
8日に南中国海上空飛行中に行方がわからなくなったマレーシア航空機事故は疑問点がひとつやふたつではない。
特に事故機が通信途絶直前に引き返しを試みた兆候があり、当時機内である緊迫した状況、すなわちテロの試みがあったのではないかとの見方も提起される。
マレーシア空軍参謀総長は9日の記者会見で、軍のレーダー記録を確認した結果、「航空機が航路から逸脱し方向を変えたことを示す兆候がある」と話した。実際に操縦士が引き返そうとしたならば、これを航空会社と管制当局に知らせなければならない。しかしどちらにもこうした信号は伝わっていなかった。
また、盗難されたパスポートを持つ乗客2人を含め少なくとも4人の乗客が偽造旅券を所持していた事実が確認され、テロと関連した可能性に重点が置かれている。

続きは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140310-00000009-cnippou-kr