1:2015/03/02(月) 00:45:21.19 ID:
8612bc06.jpg

(ソウル=聯合ニュース)

日帝強制占領期の独立万歳運動を主導し殉国した柳寛順(ユ・グァンスン、1902.12~1920.9)烈士が韓国海軍の最新鋭潜水艦として復活し領海を守護することになった。

海軍は1日「新たに建造する艦艇名に対する海軍政策会議を経て214級(1千800トン級)潜水艦6番艦の名称を'柳寛順艦'と命名した」とし、「海軍創設70年で女性の名前を艦艇名に制定したの今回が初めて」と明らかにした。

海軍は光復70周年、海軍創設70周年、柳寛順烈士殉国95周年の意義深い年をむかえ、独立万歳運動を主導した柳寛順烈士の愛国心を賛えようと艦艇名を設定したと説明した。艦艇名宣言式は来る4月末の進水式行事の際に挙行される。

大宇造船海洋で建造中の柳寛順艦は4月末進水後、試運転などを経て2016年11月、海軍に引き渡す予定だ。対艦戦と対潜水艦戦、攻撃機雷付設任務などを遂行し有事の際、相手方の核心施設を精密打撃できる交差点1千キロの国産潜対地巡航ミサイル(海星(ヘソン)Ⅲ)を搭載する。

魚雷と機雷、ミサイルなどで武装し空気不要推進体系(AIP)を搭載して浮上せず2週間、海中で作戦できる。米国ハワイまで燃料を再充電せず往復航海できる。長さ65.3メートル、幅6.3メートル、最大速力20ノットで乗務補助員は40人余りが搭乗する。

海軍は抗日独立運動に参加したり国家危機克服に先頭に立った烈士の名前を214級潜水艦の艦名に使っている。海軍を創設した初代海軍参謀総長、孫元一(ソン・ウォンイル)提督を賛えて214級1番艦を孫元一と命名し、2番艦は高麗時代の水軍創設と南海岸の倭寇を撃退した鄭地(チョン・ジ)将軍の名前を艦名に設定した。3番艦かれあは安重根(アン・ジュングン)義士、金佐鎮(キム・ジャジン)将軍、尹奉吉(ユン・ボンギル)義士など抗日独立活動家の名前で命名した。

米国は駆逐艦とイージズ駆逐艦、英国は6万5千トン級航空母艦、フランスは1万3千トン級ヘリ航空母艦の艦名を各々女性名で設定した事例がある。

柳寛順烈士は梨花学堂在学中の1919年3月5日ソウル南大門(ナムデムン)独立万歳運動に参加し、続いて4月1日忠南(チュンナム)天安市(チョナンシ)並川面(ピョンチョンミョン)アウネ市場の独立万歳運動を主導して日帝に逮捕され西大門(ソデムン)刑務所に収監された。その後、日帝のひどい拷問で1920年18才花のように美しい年齢で獄中で殉国した。政府は烈士の手柄を賛えて1962年建国勲章独立章を追叙した。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 独立運動ユ・クァンスン烈士、最新鋭潜水艦で復活
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/02/27/0200000000AKR20150227117300043.HTML 

=管理人補足=
柳寛順;
柳寛順(リュ・グァンスン、1902年11月17日 - 1920年10月12日)は朝鮮の独立運動家。
 
人物;
1902年、忠清南道天安郡(現・天安市)龍頭里にて、父柳重權、母李少悌のもと、5人兄弟の2番目の娘として生まれた。(省略)
1919年、三・一独立運動が勃発すると朝鮮総督府から各学校に対して休校命令が下された。故郷の天安に帰り、教会関係者などを通じて万歳デモを計画した。4月1日、柳寛順は並川市場に集まった群集に独立運動のアジ演説を行い、デモ行進に移った。(省略)

一審で暴力デモを主導した罪で懲役3年が宣告されたが、控訴審裁判で裁判長と言い争いになり、裁判所の椅子を裁判長に投げつけるという事件を起した。この法廷内の事件によって法廷侮辱罪が適用され4年の刑期が追加求刑されたが、宣告された刑期は3年であった。高等裁判所に上告せず、これが刑量になったが、減刑があり最終刑量は2年6ヶ月となった[2]。しかし、その後も大規模獄中デモを主導するなど抵抗を続けた。1920年10月12日(旧暦9月28日)、西大門刑務所内で残酷な拷問により獄死したとされるが、死亡日時には諸説ある[3]。
 
韓国における評価;
韓国のキリスト教の一部会派には、「祖国解放と世界平和のために投獄された柳寛順烈士は、アジアのジャンヌ・ダルク。その意義を模範として、韓日両国の友好と韓半島(朝鮮半島)統一の先頭に立つ」との見方より神聖化をはかる考え方もある。

wikiより一部抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%AF%9B%E9%A0%86