1:2015/03/01(日) 08:30:46.91 ID:
(風景画像)
9ed7107e.jpg

韓国・聯合ニュースによると、ソウル中心部で28日午後、朴槿恵政権を批判する数千人規模の大規模集会が開かれた。

記事によると、集会を主催したのは「民衆の力」や「民主国民行動」などの進歩系市民団体。会場となったソウル駅広場には警察の推計で約3000人が集結し、韓中FTAや庶民増税への反対を訴えたほか、統合進歩党解散やセウォル号引き上げ、サードミサイルの配備、非正規職など多岐にわたる問題について政府を糾弾した。

参加者が持つプラカードには「朴槿恵退陣」「朴槿恵の2年間の贈り物=雇用不安、賃金・福祉の削減」などの文言が目立ち、マイクを握った参加者は「今、大韓民国は貧困率、労働組合の組織率、非正規職の割合、青年失業率、出生率、自殺率などがOECD最悪レベル」などと強調した。

集会はその後、「朴槿恵政権は、無能で不実。政権が現状を維持し、深化させようとするなら、宗教家、労働者、農民、青年などが結集して『第2の民主化運動』を展開する」などとする決議文を読み上げ、ソウル中心部を行進した。

これに対し、保守系の2団体もこの日、「従北清算」を掲げる集会を開催。計1500人余りが参加したが、衝突するような場面はなかったという。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「戦車を引き連れて権力を握った父親を自分のモデルにしているから、朴大統領の本性は変わらない」

「聞こうとしないのか、聞いていないのか」

「良心があるなら、辞任しろ」

「残りの3年を思うと暗い気持ちになる」

「無能で頑固」

「いったいどこからこうなったのでしょうか?将来が不安で出産は諦めました」

「保守団体は何のために?」

「マスコミは何をやってるんだ!」

「涙が出てくる。やっとこの国の国民が立ち上がろうとしている。立ち上がって国を正そう」

「これまでにどれだけ鬱憤がたまっていたのだろうか」

「国をダメにしているのに国民が糾弾しないなら、それは国とは言えない。能力ない大統領はやめてほしいと思う一人です」

「3・1独立記念日に海外に遊びに行く大統領は初めてだと思う」

「すぐには消えない灯火だと思う。犠牲が出ないことを祈る」

「全国に広がってほしい」

(編集 MJ)
フォーカスアジア 2015年03月01日
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/410588/
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/410588/2/