1:2015/02/28(土) 23:39:38.88 ID:
d82056dd.jpg

<アンカー>
明日(1日)は3・1万歳運動が起きて96周年になる日です。当時使われたと見られる太極旗が公開されましたが、日の丸の上に墨で上塗りして描かれた太極旗でした。私たちの先祖の抗日精神を象徴する大事な資料と思われます。キム・スヨン記者です。

<記者>
北漢山(プッカンサン)ふもとの津寛寺(チングァンサ)に行く道に数百枚の複写太極旗が並んでいます。色が薄くなり左側の上部分が焼けていますが、形は完ぺきに保存されています。

[ソン・ギョンヒョン/ソウル恩平区:初めてあの太極旗を見た時は、何かずいぶん汚くなっていて何か理由がありげで眼につきました。]

去る2009年、津寛寺七星閣(チルソンカク)解体復元工事の途中発見された、日章旗の上に描かれた太極旗を記念する行事です。日章旗の上に墨汁で太極模様と四卦を描いた太極旗には急に描いたように、墨汁が広がった跡が残っています。発見当時、太極旗は韓紙に何重にも包まれてこちらの仏壇の後方壁面についていました。

[法海僧侶/津寛寺総務:開けてみたら太極がきっちり見えたのです。びっくりして開けてみたら、太極旗の中に新大韓新聞・朝鮮独立新聞(などがありました。)]

一緒に発見された新聞の発行日が3・1運動直後なので3・1運動当時使われたものと推定されます。当時、日帝が強制的に普及した日章旗を太極旗に変えた先祖の抗日精神を見せる大事な資料です。

[ハン・チョルホ/東国(トングク)大歴史教育科教授:日章旗に墨で上塗りして描くことによって日本に対する抵抗運動、韓国の独立意志をとてもとても圧縮的に表現しました。]

去る2010年以後5年ぶりに恩平歴史韓国式家屋博物館にも展示されるこの太極旗は4月末まで一般に公開されます。

キム・スヨン記者
ソース:SBSニュース(韓国語) 3.1運動当時太極旗公開…日章旗の上に重ねて描いて
http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1002857052