日本 韓国 Flag 
(イメージです。)


1
:2015/02/26(木) 11:13:41.65 ID:
1944年に日本へ連れていかれ、三菱重工業で1年余りにわたって強制的に働かされた80代半ばの女性3人に対し、日本政府が最近、厚生年金の脱退手当金として199円ずつ支給していたことが分かった。日本政府は6年前の2009年、同じく強制的に働かされた6人の女性たちに99円ずつ支給した上「当時の賃金水準を考慮し、最も高い額にした」とうそぶいていた。

韓国政府は2004年「日帝強占下の強制動員被害者真相究明委員会」を設置し、強制動員の事実が確認された被害者たちに対し、08年から2000万ウォン(現在のレートで約円)の一時慰労金や医療費などを支給してきた。だが、約16万人に上る申請者の大部分は強制動員の証明が困難なため、韓国政府はこのうち約12万人に対する年金加入記録の照会を日本政府に要請した。日本政府は年金加入が確認された約1万人のうち、脱退手当金の支払いを求めた人たちに限って、このように少額の金を支払っているというわけだ。当時徴用された人たちの大部分は月給すら十分に受け取れず、年金は戦争が終わったことで自動的に脱退扱いとなっていた。

日本の厚生労働相名義の通知文によると、今回支給された199円は、当時の平均日当6.66円に30を掛けた額だという。日本政府は「労働者年金保険法の基準による措置だ」と説明している。当時の賃金を現在の貨幣価値に換算したわけでもない。

今回199円の支給を通告された女性3人はそれぞれ85歳、86歳、87歳だ。女性たちは10代半ばの少女だったときに他国へ連れていかれ、戦争に必要な物資を生産する工場で暴力の恐怖にさらされながら働いた。女性たちは25日、光州市議会で記者会見を行い、日本の硬貨2枚をその場に置いて号泣した。

韓国政府は2009年以降、この問題を忘れたかのように、真剣に取り組んでこなかった責任を免れない。日本政府も法律を改正したり、時限的な措置を講じたりする形で、幾らでも解決方法を探ることができるはずだが、高齢の女性たちの嘆きには見て見ぬふりをしている。

ソース:朝鮮日報 2015/02/26 08:15
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/26/2015022600636.html