魚屋 市場 
(イメージです。)


1
:2015/02/20(金) 10:22:13.75 ID:
配信日時:2015年2月20日 6時48分

17日、韓国メディアによると、旧正月連休に入り、家族連れなどでにぎわう韓国の市場で、ある魚屋店主の驚きの詐欺手口が話題となっている。これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

2015年2月17日、韓国・KBSテレビによると、旧正月(今年は2月19日)連休に入り、家族連れなどでにぎわう韓国の市場で、ある魚屋店主の驚きの詐欺手口が話題となっている。

報道によると、一部の魚屋では、魚を大きく見せるため、魚の腹部にストローをさし、息を吹き込んでいるという。

これについて、食品医薬品安全処は「魚の重量をごまかしているわけではなく、人体に害もないため、行政処分の対象ではない」と明らかにした。しかし、専門家は、「息を吹き込む人に疾患がある場合、感染する危険性がある。また、ストローが汚れていた場合、魚の腐敗が早まる可能性もある」と指摘している。

これについて、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

「唾や口内の細菌が入っているのに…。行政処分の対象ではないとしても、注意くらいはするべき」

「これが問題ないって?本当に情けない食品医薬品安全処だ」

「この魚を食べて病気にかかったら、どう責任を取るつもりだ?」


「中国人に文句言えない」

「汚すぎる…中国で学んできたようだ」

「これだから市場には絶対行きたくない」

「韓国に誠実な人間はいないのか?他人をだまそうとする人ばかり」

「他国の人も同じようなことをするのか気になる…」

「詐欺罪で逮捕するべき。こんな人たちを放置していたら、韓国が本当に詐欺大国になってしまう」

「つまり、韓国では魚に唾を吐いて売っても問題ないということだよね?」

(翻訳・編集/堂本)
http://www.recordchina.co.jp/a102806.html