1:2015/02/12(木) 09:36:54.23 ID:
京畿道の楊平総合射撃場で11日、韓国陸軍第20機械化歩兵師団が射撃訓練を実施。
写真は、戦車砲を発射するK2(通称・黒ヒョウ)。

ソース:NEWSIS/朝鮮日報 2015/02/12 08:30
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/12/2015021200624.html
023da144.jpg 
 
0573a9c9.jpg  
 
7d602dfe.jpg  
 
f495395d.jpg  
 
fa6904b1.jpg  
 
  e6a55dfe.jpg 
 
f422ad04.jpg 

=管理人補足=
K2;
K2(ケーツー、韓国語: 차기전차 K2 '흑표')は、大韓民国がK1の後継として開発中の次期第3・5世代主力戦車である。愛称は「黒豹」(くろひょう、흑표(黑豹、フックピョ、Heukpyo)、ブラックパンサー (Black Panther))。
当初は2011年に配備する予定であったが、国産開発するとしたエンジンとトランスミッションに欠陥が相次ぎ、戦力化が長く遅れた。妥協の末に2012年12月17日、2014年3月から戦力化するとした一次生産分100両には、ドイツMTU社製のエンジンとドイツRenk社製のトランスミッションを組み合わせたユーロパワーパックを採用する事とし、以降の車両への搭載を目指して引き続き国産エンジンの開発完了を目指す事を決定した[1]。

wikiからの抜粋です。
ja.wikipedia.org/wiki/K2_%28%E6%88%A6%E8%BB%8A%29