1: :2015/02/11(水) 18:28:14.05 ID:
聯合ニュース 015-02-11 17:20

PYH2015021113100001300_P2.jpg 

11日午後5時5分頃、ソウル銅雀区(トンジャクク)舎堂洞(サダンドン)の舎堂総合体育館の新築工事現場で天井の一部が崩れて作業者が埋没する事故が発生した。

消防当局によると天井のスラブ型枠にコンクリートを注いでいる間に一部が崩れてその下にいた作業者2人が完全に埋没して7人は一部が埋没した。

午後5時50分現在、埋没者のうち5人が救助されて中央(チュンアン)大病院、江南聖心(カンナムソンシン)病院、銅雀慶熙(トンジャクキョンヒ)病院などへ移送された。

一部は両足が折れるなどの負傷を負ったことが把握された。

埋没した残り4人は現在救助作業が進行中だ。

舎堂総合体育館は2013年6月に着工して地下1階~地上2階、延面積7千102㎡規模でプールなどの施設を備えて今年の下半期に竣工する予定だった。

以下略

http://www.yonhapnews.co.kr/society/2015/02/11/0701000000AKR20150211166853004.HTML?template=2087