韓国 Flag 
(イメージです。)


1
:2015/02/08(日) 22:39:13.86 ID:
 【ソウル=藤本欣也】

 韓国最大野党の新政治民主連合は8日、ソウル市内での党大会で代表選を行い、新代表に文在寅(ムン・ジェイン)国会議員(62)を選出した。文氏は弁護士出身で盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の秘書室長などを歴任。2012年の大統領選に出馬したが、現大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏に惜敗した。

 8日の代表選では、金大中(キム・デジュン)元大統領の元側近、朴智元(パク・ジウォン)国会議員との事実上の一騎打ちになり、文氏が得票率45・3%で朴氏(同41・8%)を破った。

 文氏は当選後、「政府が民主主義と庶民の暮らしを破綻させ続けるのであれば、全面的な戦いを始める」などと演説し、朴政権との対決姿勢をあらわにした。

 文氏としては、総選挙を来年4月に控え、代表選で広がった親盧武鉉派と親金大中派の亀裂をいかに修復し、国民の支持をどれだけ拡大できるかが課題となる。

 文氏は当選後の記者会見で、「朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領には産業化の功労が、李承晩(イ・スンマン)元大統領には建国の功労がある」「私はこれまでの歴史を肯定的に見なければならないと考える」などと述べ、9日に李・朴両元大統領の墓参りを行う計画を明らかにした。国民に対し、左派系政党、新政治民主連合の変化をアピールする狙いがあるとみられる。

http://www.sankei.com/world/news/150208/wor1502080019-n1.html