1:2015/02/07(土) 22:47:25.27 ID:
d7da54f8.jpg

27日にスイスで聴聞会
本人は「知らずに投与を受けた」と主張
ドーピング教育を受けているはずの選手、「ホルモン=禁止薬物」は常識
医師の説明を録音も、薬の容器や説明書は確認しなかった?

ソウル中央地検は6日、2008年北京五輪の競泳男子400メートル自由形の金メダリスト、朴泰桓(パク・テファン、25)のドーピング問題に対する捜査結果を発表した。

男性ホルモン(テストステロン)を投与した医師と朴泰桓にはいずれも「テストステロンを含有する注射剤『ネビド』は禁止薬物」という認識はなかったが、医師の責任の方がより大きいというのが捜査結果の主な内容だ。


今なお解明されていない残りのさまざまな疑問については、今後法廷で明らかになりそうだ。

■男性ホルモンが問題であることを認識していなかったのか

 朴泰桓は昨年7月29日、ソウル市内の病院で「ネビド」の投与を受けた。その後、朴泰桓は仁川アジア大会に向けて調整を続けていた昨年9月3日にドーピング検査を受け、世界反ドーピング機関(WADA)から陽性反応が出たとの通知を10月末に受けた。朴泰桓は先月20日、ネピドの投与を行った病院の院長を傷害などの容疑で告訴した。

 検察は6日「(昨年7月29日の時点で)医師は朴泰桓に対し『注射の成分は体内で生成されるホルモンなので、(ドーピング検査で)問題になることはない』と伝えた」とする一方で「朴泰桓は薬剤の容器を確認しておらず、ステロイドが禁止薬物であることは知っていても、テストステロンが問題になるという具体的な知識はなかったようだ」とも説明した。

 朴泰桓はオリンピックと世界選手権にそれぞれ3回出場し、優勝を含む数々の実績を残してきたベテラン選手だ。ところが検察は、朴泰桓ほどの選手が「男性ホルモンは筋肉増強の効果があるアナボリック・ステロイドであり、WADAの『禁止表』に記載されていることを認識していなかった」と判断したのだ。しかしドーピング教育が義務付けられているスポーツ選手にとって、男性ホルモン(テストステロン)が禁止表の中の「常に禁止されるもの」に記載されている事実は最も基本的な常識だ。

 しかし検察が明らかにした今回の内容だけでも、今月27日にスイスで開催される国際水泳連盟(FINA)のドーピング聴聞会で朴泰桓への重い処分は避けられない見通しだ。選手本人に過失がないことや、注意を怠っていなかったことを立証できないからだ。世
界ドーピング防止規定には「禁止物質が体内に入らないようにすることは、各競技者が自ら取り組まなければならない責務」と明記されており、さらに「医療関係者に対し、自分が禁止物質及び禁止方法を使用してはならないという義務を負っていることを伝達するとともに、自分の受ける医療処置についても、本規則に基づき導入されたドーピング防止政策及び規則に対する違反に該当しないようにすること」とも記載されている。

「選手に責任がない」と認められる唯一の例外は「十分な注意を払ったにもかかわらず競争相手から妨害を受けた旨を競技者が証明できる場合」のみだ。

成鎮赫(ソン・ジンヒョク)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/07/2015020700588.html

関連スレ
【韓国】競泳界ヒーロー「ドーピング疑惑」 注射した病院長を業務上過失致傷罪で在宅起訴[2/06](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423196549/
【社説】五輪の英雄、パク・テファンがドーピング違反で出場禁止処分は不可避 来年のリオ五輪に出場できるようスポーツ外交を集中せよ(c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422415936/
【韓国】禁止薬物陽性反応の競泳金メダリスト「知らないうちに投与」 朴泰桓側主張を韓国各紙(c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422824731/