和食 
(イメージです。)


1
:2015/02/06(金) 12:22:58.79 ID:
<アンカー>
メニューに表記された魚の名前の誤記を問題視されて、集団訴訟の危機に置かれた韓人(コリアン)の日本食レスロランが雪だるまのように増えています。

現在まで、集団訴訟の手紙が送られた南カリフォルニア一帯の韓人の日本食レスロランは50ヶ所以上と判明して、これらの韓人の事業主たちは共同対応の模索に乗り出しました。

キム・ヘジョン記者が報道します。

<レポート>
アルハンブラで10年以上日本食レストランを運営して来た韓人のパク某さん。ロングビーチ地区のある弁護士事務室から手紙を受けました。

手紙には、「昨年の11月、パクさんの食堂でホワイトツナ(White Tuna)を注文するとメニューの表記とは異なり、エスカラー(Escolar=アブラソコムツ)という魚であると判明した」という内容と共に、成分の分析をした結果報告書まで同封していたのです。

(録音)
インターネットを通じて誤っていた点を伝え、去る数年間にパクさんのレストランでホワイトツナを食べた顧客たちに全ての費用を賠償しなければならないという内容も含まれていました。

この弁護士から手紙を受けたのはパクさんだけではありません。

一時期に横行した障害者訴訟のように、魚の名称表記が間違っているという集団訴訟の脅威を受けた韓人の日本食レストランは、ウェストウッドからガーデン・グローブ、パーム・スプリングス、サンディエゴなど、50ヶ所以上と判明しました。

(録音)
特にこれらの日本食レストランの事業主が全員韓人の上、全く同じ手紙を受けたという点から合意金を狙っているのは確実だと事業主は口を揃えて話しました。

この弁護士は訴訟を起こさない代わりに、1店舗に付き8万~20万ドル相当の補償を要求した事が分かりました。

しかし現在、手紙を受けたこれらの韓人事業主たちは、該当の魚が業界では数十年間エスカラーという難しい名称ではなく、一般的に『ホワイトツナ』と呼ばれて来て悔しいという立場です。

(録音)
現在これらの事業主たちは、情報を互いに交換しながら共同での法的対応を模索しています。

まだ訴状を受けた店舗はありませんが訴訟に繋がった場合は弁護士雇用などの費用が掛かるため、スモールビジネスの事業主たちに今度の争いは容易ではない状況です。

(録音)
これらの韓人事業主たちは、とりあえずロングビーチ弁護士事務室から受けた手紙を含め、できるだけ多くの情報を共有しながら万が一の事態に備えています。

専門家たちは、魚の名称の誤記を問題視した集団訴訟が南カリフォルニア地域の他の韓人事業主に急速に拡大しているだけに、とりあえずは事業主がメニューからホワイトツナを除いたり、エスカラーに変えるなど名称を直す事を助言しました。

ラジオコリアニュース、キム・ヘジョンでした。

ソース:ラジオコリア(韓国語)
http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=165753 

=管理人補足=
アブラソコムツ;
アブラソコムツ(英名:Escolar[1]、エスカラー)は、スズキ目サバ亜目クロタチカマス科のアブラソコムツ属 Lepidocybium に属する魚。各国の温熱帯の深海域に生息する。

体長100cmを越える大型魚で、大きいものは150cm近くにもなる。

深海魚にしばしば見られる形質であるが、体内の油脂成分のほとんどが瀉下作用(下剤様作用)があり、人体で消化することができないワックスエステル(ゲンピロトキシン(蝋質))でできている。そのため、肉は美味であるが[2]、大量に摂取すると、皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出す、あるいは下痢や腹痛を起こす場合があり、とくに多量に摂食するなど重症の場合、下痢による脱水症状やそれに伴い昏睡状態に陥る症例も報告されているので注意を要する。

厚生労働省は食品衛生法第6条2項(有害な物質を含むもしくはその恐れのある食品)に該当する食品として販売禁止指定しており、判例もこれを支持している[3]。販売が禁止されているため市場には出回らないが、釣獲するか漁網に掛かり廃棄されるものを分けてもらうなど、売買以外の方法での入手は可能である。

同じ仲間の魚に、バラムツがあり、こちらも販売禁止に指定されている。

by wiki
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%83%84