(イメージです。)
 
1: ばーど ★ 2023/06/07(水) 12:31:28.11 ID:EgtLc2Ir
2023年6月6日、韓国・マネートゥデイは「中国内で韓国コスメの不振が続いている」と伝えた。韓国を代表する輸出コスメといえばLG生活健康の「The history of 后(Whoo)」、アモーレパシフィックの「雪花秀」だが、コロナ禍と「限韓令(韓流禁止令)」以来、中国内では大きな影響を与えることができていないという。

韓国の産業通商資源部によると、韓国の5月の化粧品輸出額は前年同期比8%減少した。昨年通年の減少率(13.3%)は下回ったが、今年も全般的に逆成長となっている。化粧品業界関係者は「両国関係の回復が予想されていたほど進んでおらず、中国需要への期待感はしぼんでいる状況」だと話す。

6月18日は中国で全国的なECセールイベントが行われるが、今年の韓国コスメの売り上げは昨年水準にとどまると予想されている。21年にはスキンケアカテゴリで「The history of 后」が販売トップ6位を記録したが、昨年は主要なランキングに韓国コスメの名前は入らず、販売実績も公開されなかった。今年の「6・18」に向け、LG生活健康は中国のイラストレーターとのコラボ商品を発売する予定。アモーレパシフィックは例年水準のイベントを企画しているという。

記事は「中国国内の化粧品消費が完全には回復していないことに加え、コスパのいい中国ブランド、欧米の高級ブランドのどちらかを選ぶ二極化現象が強まっている」ことが韓国コスメブランド不振の原因だと分析している。


この記事に、韓国のネットユーザーからは

「化粧品みたいな消費財は市場の変化が激しい。永遠の1位なんていう考えは捨てるべきだ」
「化粧品は顧客の忠誠度が高いアイテムだけど、価格が上がっていけば代替品に取って代わられる。自業自得」
「これが中国市場の限界だ。輸出しても、一瞬にして自国ブランドに食われてしまう。現代・起亜自動車も、大型スーパーもそう。最初は良くても運営ノウハウをベンチマーキングされて、最終的には手ぶらで追い出される」
「もう中国に希望はない」

などの声が寄せられている。

その他、

「中国人が使わないからって、韓国の優れた製品がなくなるわけではない」
「雪花秀がいまだに世界的に人気だと信じてる人がいるの?」
「雪花秀って2010年代の短い期間にヒットした商品でしょ。改善変化のない商品に消費者は目を向けないよ」

などのコメントも見られた。


(翻訳・編集/麻江)
Record Korea 2023年6月7日(水) 12時0分
https://www.recordchina.co.jp/b915243-s39-c20-d0195.html

(画像)
https://d32xtqhs6m4dwf.cloudfront.net/newRc/m1200/20230606/646a8eff75cb99db8658a83e2ad2e1e8.jpg
(画像)
https://d32xtqhs6m4dwf.cloudfront.net/newRc/m1200/20230607/406b44bc7fe74f344f2bee1222a0c686.jpg


※関連スレ
【Kビューティー】中国で人気急降下の韓国コスメ、日本では存在感高まる=韓国ネット「良いこと」「日本人は結局…」4/7 [ばーど★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1680857389/

【Kビューティー】 「最近、韓国の化粧品なんて使う人いるの?」 中国市場で売上急減…いったい何が [5/15] [仮面ウニダー★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1684109518/