ゴルフ 
(イメージです。)


1
:2015/02/05(木) 11:35:48.86 ID:
■SNSに「たばこ値上げに年末調整…創造経済の仕上げはゴルフ」批判の嵐
 
朴槿恵(パク・クネ)大統領がゴルフ活性化方案を指示すると、チェ・ギョンファン経済副総理がこれを受けて特別消費税引き下げの必要性を明らかにしたと報じられた。ネチズンの間では「国民の暮らしとかけ離れた発言」と糾弾の嵐が起きた。

チン・ジュングォン東洋大学教授は「庶民増税、ゴルフ減税はついにおかしくなったか」と指摘した。

朴大統領は3日午後、大統領府で閣僚会議の前のティータイムで「今年10月にプレジデンツカップがある。韓国でそうした大きな大会が開かれるのに、ゴルフが低迷している。活性化のために少し力を貸してほしいという建議を何度も受けた」として「ゴルフ活性化についても方案を作って欲しい」と話した。

これに対してチェ副総理は「韓国ではゴルフに特別消費税、個別消費税などがおっしゃる通りひどく沈滞していて大勢の人が海外に行ってしている」と答えた。

韓国でゴルフ場を利用する時に特別消費税や個別消費税が負担になるので海外のゴルフ場に行くから、関連税金を引き下げて韓国内のゴルフ場利用を誘導しなければならないという趣旨の話だった。

このニュースが知らされると、ネチズンたちはSNSと関連記事コメント等を通して「朴大統領は庶民の厳しい暮らし向きは眼中にない」と強く批判した。

チン・ジュングォン東洋大学教授は3日夜、ツイッターで
「朴大統領、いきなり“ゴルフ活性化方案”作れ…チェ副総理は直ちにゴルフに賦課されている特別消費税引き下げの必要性を提起した」
という関連記事をリンクした後
「庶民増税、ゴルフ減税。この方はついに正気を失ったか」と批判した。
このツィットは4日昼12時現在で1339回もリツィットされ広く共感を得ている。

ツイッター利用者“(@gadi****)”も
「朴大統領がしたことと言えば、海外に行って(外国首脳らと)対話してきて、責任を追及して、突然たばこを値上げして、年末調整で庶民に負担をかけ、今度はゴルフしてもいいと…ユーモア1番地か?」と批判した。

また別の利用者“(@usb_****)”は「朴大統領がゴルフ活性化を指示しました。
ゴルフをしたくても日々の暮らしもしんどくてできない庶民については考えてみましたか?」と指摘した。

この他にも
「朴大統領の目にはゴルフも庶民のスポーツなので、ゴルフ活性化を推進しようというのか?」(naga****)、
「極悪の賃金水準と過度な労働時間に苦しむ庶民は、TVを見る時間すらないのに、政府が言う創造経済の仕上げはゴルフだったか?」(@hyon****)、
「新年に庶民に税金爆弾を抱かせておいて、経済的に日々が大変な国民に今度は“ゴルフ”をやれと言うんですね。今必要なことは『物価の安定と庶民の税金を下げること』じゃなかったのですか?」(@huma******)
という批判が相次いで上がってきた。
 
ポータルサイトのダウムとネイバーに上がってきた「朴大統領ゴルフ活性化発言」と関連した記事には数千個のコメントがついた。
ネチズンは朴大統領と国務委員たちを叱責した。

コメントを見れば
「公務員一人ひとりの不正腐敗の尺度が“ゴルフ”だ。 国民経済がめちゃくちゃなのに、大統領は高位公職者にゴルフをしろとしか思いつかないのですか? この政権の中心人材の考えがそれだけなのですか? 青年失業と低賃金で結婚もできなくて血の涙を流している多くの青春がきっとあなた方の目には見えないのでしょうね」(ghap****)、

「長期的な景気沈滞に増税論議で脱力した国民が二つの目で見ているのに、大統領は長官たちにせいぜいゴルフでもしろと言っていて、山積みになっている頭の痛い懸案に対する話はどこにもない情けない政府」(marc****)、

「ゴルフ場を作る金があれば都市内自然公園をもう一つ作って、子供たちのための運動場などにもっと気を遣ってほしい。大韓民国がゴルフ場がなくてこうなったのか?」(草緑****)、

「今は経済再生と青年失業問題をまじめに検討し、増税は企業と金持ちにすべきなのに、大統領はとんでもないことばかり言っている」(チャンメク****)、

「庶民増税が乱舞しているこのような時期に、ゴルフ場の近所にすら行けない大多数の人々に向かって刀を刺すんだな」(gksmf***)

などのコメントが多くの「いいね」を得た。

2015.02.05 09:36 
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19570.html