1:2015/01/31(土) 23:47:40.26 ID:
0483d6c7.jpg
▲米国内の学校図書館に置かれた韓国歴史参考書‘KOREA’に出てきた韓国地図。東海が日本海と表記されている。

「この本も東海を日本海と表記してるよ」小学校2年の娘が学校の図書館から持ってきた韓国の歴史内容が書かれている参考書をみた韓人主婦、キム某(38)さんはこの本に載っている韓国地図で東海が‘Sea of Japan’と表記されているのを見てびっくりした。そして‘何が問題か’と訊ねる娘に、この表記は誤りで、‘東海’(East Sea)と表記するのが正しいと説明した。

それと共にキムさんは娘に東海は厳格に韓国の領海なのに、日本が自らの海と言い張って、米国もこれを正しく修正しないのは残念だと教えた。

キムさんによれば子供が借りてきた韓国史の本は‘KOREA’というタイトルの参考書で、1989年米国で発行され、著者は教師兼作家のカレン・ジェコブソンとされていた。この参考書は最初のチャプターである‘THE LAND’編に掲載した地図に東海を‘SEA OF JAPAN’と明記していた。それだけでなく参考書の前ページには北朝鮮国旗と太極旗を並べてのせ、チャプター‘TWO KOREAS’編を作って‘NORTH KOREA’と‘SOUTH KOREA’に分けた後、北朝鮮についても紹介した。

‘KOREA TODAY’編では‘大部分のコリアンは現代式の服を着る’‘韓国は教育を多く受けた人々が自動車、テレビセット、マイクロオーブン、コンピュータを作って世界市場に輸出する’という文と共に20余年前当時の自動車工場写真を掲載した。

また、88ソウルオリンピック直前に南北代表が板門店(パンムンジョム)で会って握手する写真をのせた。このように参考書は現在の韓国の姿とは完全に違う20年以上前の内容と写真で満たされている。

この参考書を見たアトランタ韓国学校のある父兄は「今の韓国は世界が注目する先端自動車生産国なのに数十年前の古い工場写真を載せたパンフレットが米国社会でまだ読まれているのは韓人の子供教育はもちろん米国人にも韓国を間違って広報することなので憂慮される」と話した。

ある韓国学校関係者は「この学校だけでなく相当数の小学校図書館と地域図書館には古い韓国史の本が多い」として「米国で東海表記運動をすることに劣らず大きく発展した韓国の現在の姿を紹介する新しい教材を韓人の子供たちと図書館などに普及することも重要だ」と言った。

<キム・ユミン記者>

ソース:コリアタイムズ(韓国語) ‘過去に止まった韓国’米図書館に多数
http://www.koreatimes.com/article/898953