1:2015/02/01(日) 11:42:58.88 ID:
ロシア最大規模の学術図書館で火災、貴重文書が多数焼失
2015年02月01日 11:04

【2月1日 AFP】

 ロシア最大規模の学術図書館で先月30日夜、火災が発生し、100万点に及ぶ歴史的文書が焼失したとみられる。旧ソビエト連邦の原子力発電所で1986年に起きた事故になぞらえて「文化のチェルノブイリ(Chernobyl)」だと嘆く声も出ている。

 火災が起きたのは、露モスクワ(Moscow)にあるロシア科学アカデミー(Russian Academy of Sciences)附属社会科学学術情報研究所(INION)の図書館。火元は2階で、消防隊員が約200人体制で消火にあたったものの翌31日夜まで延焼が続き、およそ2000平方メートルが焼失した。負傷者はなかった。

 1918年創設の同図書館の所蔵文書は1000万点近くに上り、古いものには16世紀の文書もある。スラブ語文書の所蔵数では世界一ともいわれ、英国やイタリア、米国の文書も保管している。

 ロシア科学アカデミーのウラジーミル・フォルトフ(Vladimir Fortov)総裁は、露メディアに対し「科学的に甚大な損失だ。所蔵文書の数では世界有数の学術図書館で、恐らく米議会図書館(Library of Congress)に匹敵する」「他では見つからない文書もある。社会科学の研究に欠かせない図書館だ。今回ここで起きたことは、チェルノブイリを連想させる」と述べた。

(※以下略)
http://www.afpbb.com/articles/-/3038409

0091d164.jpg 
 
73ed8f94.jpg

68afc6df.jpg

e5758c5c.png

 

 
=管理人補足=
画像が1枚小さいですが、元画像サイズです。