(イメージです。)
 
1仮面ウニダー ★2022/11/25(金)06:18:02.41ID:AVrRJFgt.net[1/4]
韓国最大の製鉄会社「ポスコ(POSCO)」は24日、ポハン(浦項)製鉄所の内部を公開した。台風による浸水被害直後から復旧作業を行い、現在は高炉3基と製鋼工程、18の圧延工程のうち7工程を正常稼働していると明かした。復旧作業には、社員をはじめ延べ100万人を投入した。同社は年内に圧延工程のうち、連続溶融亜鉛めっきライン(CGL)、高品質ステンレス鋼(STS)第1冷延などの3か所を除く15か所を復旧および再稼働し、従来の浦項製鉄所で生産していた製品を通常通り供給する計画だ。

ポスコは早期復旧できた理由として、技術力と社員の努力を挙げた。当初は、各工場の設備稼働を支えていたモーター4万4000台のうち31%が浸水し、新たに発注する方針を検討した。しかし製作と設置に1年以上要すると分かると、社員自らが分解・洗浄・組み立てをした。

自力では短期間での復旧が難しい設備では、韓国内外の鉄鋼業界からの助けがあった。浸水のため、溶融金属を製鋼工程に移すトルペドカーが使えなくなったポスコのため、「現代製鉄」が5台を緊急支援した。クァンヤン(光州)製鉄所のトルペドカーを運搬するにあたっては、協力会社からの助けがあった。

ポスコは来年1~3月期、生産を全面的に正常化することを目標に掲げ、安全第一で残りの復旧作業を進める方針だ。また今回の水害の状況と復旧過程を白書として記録、分析し、気候変動に対応できる態勢を早期に構築する計画だ。


2022/11/24 19:46配信
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/1124/10372984.html
 

関連スレ
韓国鉄鋼最大手『ポスコ』営業利益が「71%」減少!台風被害で高炉停止(未だ完全復旧せず)が効いた [10/20][新種のホケモン★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1666262946/