(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★2022/11/23(水)13:03:42.48ID:XjDDSQlk.net
(前略)

2022年11月22日、『韓国銀行』が「2022年第3四半期中の家計信用」のデータを公開しました。

(中略)

この「家計信用」というのは、「家計貸出(家計ローン)」「販売信用」を足したものです。「家計貸出」は銀行などからの融資(主なものは住宅ローン)を意味します。

「販売信用」とは信販会社などが信用を供与した者の買い物代金を立て替えて支払うことです。割賦販売やクレジットカードを使って商品やサービスを購入するなどがこれに当たります。

(中略)韓国の場合は「私債」というものがあるので、本当にこれで済んでいるのかは神のみぞ知るです。



2022年上半期
①家計ローン残高:1,756.8兆ウォン
②販売信用残高:113.8兆ウォン
家計信用残高(① + ②):1,870.6兆ウォン

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2022年第3四半期中の家計信用」


(中略)



コロナ禍に見舞われた2020年からの負債増は著しく急で、2020年第1四半期から2021年第3四半期までに「208.2兆ウォン」(約20.8兆円)も負債が増加しました。

以降の負債増が緩やかになっているのは、家計負債の異常な増加に慌てた金融当局が「貸し出し制限」の措置をかけたからです。

(中略)

韓国の識者からは、2010年にポルトガル、ギリシャ、スペイン、イタリアを襲った「南欧型の経済危機」が懸念される――と指摘されています。

(後略)


(吉田ハンチング@dcp)
https://money1.jp/archives/94111


関連スレ
韓国「預金金利」が「年利13%」という商品も登場 「預金の奪い合い」が始まる 企業負債、家計負債への影響懸念 ★2 [11/15][新種のホケモン★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1668494300/