(イメージです。)
 
1新種のホケモン ★2022/09/28(水)12:28:37.50ID:CAP_USER.net
 安倍晋三・元首相の国葬に伴う岸田首相の「弔問外交」は28日、最終日を迎えた。この日は韓国の韓悳洙(ハンドクス)首相ら20人と会談し、3日間にわたる「トップ外交」の総仕上げを行う。岸田氏は、安倍氏が提唱し、世界で浸透した「自由で開かれたインド太平洋」を継承し、発展させていく姿勢を内外に示す考えだ。

 岸田首相は28日午前、東京・元赤坂の迎賓館で韓国の韓首相と約20分間、会談した。岸田氏が国葬参列に謝意を述べたのに対し、韓氏は「韓日両国は民主的価値と市場経済を共有する重要な協力パートナーだ。韓日関係を早期に改善するのが共同の利益に合致する」と呼びかけた。

 岸田氏は21日、国連総会のため訪問した米ニューヨークで韓国の尹(ユン)錫(ソン)悦(ニョル)大統領と約30分間の懇談を行った。両首脳は、「元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)」問題などを念頭に、両国の懸案を解決し、未来志向で日韓関係を発展させる方針を確認したばかりだ。

 日韓関係を巡っては、最大の懸案である元徴用工問題について、いまだに早期解決に至る道筋は見通せていない。ただ、両国間で首脳級の対話が継続的に行われており、関係改善を模索する方向性では一致している。

 これに先立ち、岸田氏はカンボジアのフン・セン首相とも会談し、「安倍元首相から引き継いだ外交的な遺産をしっかりと発展させ、両国関係をさらに強化する。『自由で開かれたインド太平洋』の実現のため、しっかりと協力をしていきたい」と述べた。

 岸田氏は26~28日の3日間で30か国以上の首脳らと会談する。林外相も29日までカナダやトルコなど20か国以上の外相らと会談する。松野官房長官は28日午後に中国の政府代表として来日した万鋼・全国政治協商会議副主席の表敬訪問を受ける予定だ。

 「弔問外交」について、外務省幹部は「なかなか会えない首脳らと会談する貴重な機会になっている。安倍元首相が培った外交的遺産を受け継ぎ、発展させるという意志を明確に示すことができた」と語った。


9/28(水) 12:24配信
読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/fea60ef48e582e99487465fc59d5a7e1d7989258