(イメージです。)
 
1昆虫図鑑 ★[ここ壊れてます].netID:???
 台風14号(NANMADOL)が日本には上陸せずに海岸を通り過ぎると予測されており、予想経路は、朝鮮半島と接近している。

 16日、韓国気象庁の台風情報によると、台風14号はこの日午前3時、沖縄の東南東およそ920キロの海上で時速6キロのスピードで進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は秒速37メートルのレベル「強」だ。

 台風14号は熱エネルギーの供給を受ける海水面温度29?30度の熱帯海を通過し、来る17日ごろには中心気圧950ヘクトパスカル、最大風速は時速155キロまで発達。その威力は、電車を脱線させるくらいの強さだという。

 18日午前3時ごろ鹿児島の南南西およそ230キロの海上まで北上、19日午前3時ごろには鹿児島の北西およそ200キロの海上に移動するとみられている。

 その後、台風14号は進行方向を北西に変えて九州の北西の海岸、中国地方北西の海岸を通過すると予想されている。

 前日の予報では、九州に上陸する可能性があるとされていたが、北東にカーブする時点が遅れていることで、台風14号はより朝鮮半島と近い位置を通過する可能性が高まっている。


2022/09/16 12:27配信 Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 4
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0916/10363921.html

 
=管理人補足=
【台風14号】巨大な雲の渦を形成 中心付近に台風の目がはっきり
2022/09/16
ウェザーニュース