(イメージです。)
 
1LingLing ★2022/09/10(土)22:33:08.09ID:CAP_USER.net
韓国「日本敵視」のレーダー照射問題、尹政権に課された「解決する力」
日韓の防衛次官級協議「口先だけではないか見極める試金石」松木氏

(前略)

日韓の防衛次官級協議は文在寅(ムン・ジェイン)前政権では一度も行われず、2016年9月以来6年ぶりの会談となった。防衛省によると、会談では北朝鮮の核・ミサイル問題などを受け、日米韓による連携の重要性が再確認された。韓国側が19年に日本に一時破棄を通告した軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、申氏は「議論は全く行われなかった」と述べた。

韓国側が「ロックオン」と受け取れる火器管制レーダーを照射したことに対する日本側の不信感はいまだ根強い。

当時の文政権は、意図的な照射はなく、むしろ日本の哨戒機が低空飛行で異常接近したと反論していたが、19年2月には自衛隊機が2回の警告に応じず接近を繰り返した場合、同レーダーを照射する指針を作っていたことが最近になって判明。友好国の日本に対して、韓国領空や防衛識別圏(ADIZ)に侵入する中国やロシアよりも強硬な姿勢を取っていたことが明るみに出た。

(中略)

李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防相は今年8月、「韓日関係とともに全体的に検討しなければならないのは確かだ」などと指針の廃棄に意欲を示した。尹政権は対日融和に積極的な姿勢だが、韓国ギャラップ社が2日発表した支持率は27%、不支持率が63%と危険水域が続く。

(中略)レーダー照射問題の解決は、尹氏の外交姿勢が口先だけではないかを見極める試金石になる」と語った。


https://www.zakzak.co.jp/article/20220909-ZRITLYJUPNPIBIGAGEH2Q3AWGM/


【軍事】 日韓防衛当局、7日に6年ぶり次官級協議…安全保障協力の強化で懸案を議論[09/06] [LingLing★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1662471930/