(イメージです。)
 
1LingLing ★2022/08/01(月)21:13:06.86ID:CAP_USER.net
韓国の3年物国債金利が下落し2%台目前

韓国の国債金利が急激に下落している。 6月に年3.7%を越えた3年満期国債金利が年3%台まで下がった。韓国銀行(韓銀)が物価を抑えるため、ビックステップ(基準金利を一度に0.5%ポイント引き上げ)まで踏んだが、国債金利はむしろ年2%台を目前にしている。債券市場はすでに景気低迷に賭けているという分析が出ている。

31日、韓国金融投資協会によると、債券市場の指標物である3年満期国債金利は29日、0.121%下がって年3.009%で取引を終えた。取引中に年3%台が崩れた。今年6月17日に記録した縁故点(年3.745%)に比べると0.736%下落した。債券価格基準では20%ほど急騰したものだ。

3年満期国債の金利は今年、年1.855%で取引を開始した。その後、高物価、米国中央銀行(Fed)と韓国銀行の通貨緊縮などで急騰したが、最近景気低迷の懸念が浮上し、下落傾向に転換した。DB金融投資のムン・ホンチョル研究員は「今年上半期の韓国経済を支えた輸出と消費が下半期には不振であることが確実視される」として「景気鈍化憂慮が債権市場に反映されたもの」と話した。

米国債券市場の指標物である10年満期の米国債も29日、年2.658%で、縁故点(年3.479%)より0.821%ポイント下がった。韓国と米国の国債金利が急落するのは、景気低迷憂慮のためだ。米国中央銀行(Fed)と韓国銀行が、今はインフレと戦うために基準金利を引き上げているが、景気低迷の懸念のため近いうちに基準金利の引き上げを止めたり、むしろ基準金利を引き下げなければならない状況に直面する可能性があると債券市場は見ている。

米国経済成長率(前四半期比)は、今年第1四半期の年率基準でマイナス1.6%、第2四半期にマイナス0.9%を記録した。米経済学界は2四半期連続マイナス成長が続けば、景気低迷と見ている。景気低迷の兆しと解釈される長・短期金利逆転は、すでに4月から現れた。29日(現地時間)、米国債10年満期金利は年2.658%、2年満期金利は年2.8905%だった。債券は、満期が長いほど金利が高いのが正常だ。だが、景気低迷の憂慮が浮上すれば長期債である10年満期金利は下落する反面、通貨政策に敏感な2年満期金利は、上昇傾向を見せたり相対的に低く下落し長・短期金利が逆転する。

韓国でも、6月10日以降、7月28日まで1か月以上、国債3年満期金利が30年満期金利より高い状態が続いた。NH先物のキム・スンヒョクエコノミストは「3年満期と30年満期金利逆転が直前の場(7月29日)で解除されたが、大きな意味づけは難しい」とし「傾向的に依然として債券市場は景気低迷の展望を高く見ている」と話した。

「物価頂点論」に重きが置かれる点も、国債金利下落要因だ。秋慶鎬(チュ・ギョンホ)副総理兼企画財政相は最近、「9月末または遅くとも10月程度が物価頂点になるのではないかと考える」と話した。物価が下がれば、韓銀が基準金利の引き上げ速度を遅らせる可能性が高くなる。

欧州債券市場も、景気低迷への懸念が反映されている。1か月前、年1%台だったドイツの2年満期国債金利は現在、年0.273%へと下がった。ドイツとイタリアの10年満期国債金利差は、2.4%ポイントまで広がった。2020年5月以来2年ぶりの最大値だ。景気が低迷すれば、相対的に安全なドイツ国債に市中資金が集中し、両国の金利格差が広がる。


記者 チョ・ミヒョン

韓国経済新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/c437180e30e2da25ecd6918752c918ec408f2248
416